人生最後の、俺と一緒に仕事ばかりしていた先輩の数年間は、充実したものだったんだろうか。

続きを読む
はてなブックマークに追加
138: 大人の名無しさん 02/08/22 03:25 ID:+37PiN6Z
 仕事がつまらなかった。
技術職であるにもかかわらず、単にめぐり合わせの問題で技術のつかない
仕事に回され、しかし専門知識に特化した作業のため、一人黙々と仕事を
こなした。周りでは、同期が文字通りの技術職の作業をしている。
 そして先輩に、不満をこぼした。
その先輩は言った。
『俺にまかしておけ。俺がすべて責任を取る』
次の仕事から、俺は先輩の下で念願の作業に取り組んだ。
そして、程なくして俺は激務のため体を壊した。体を壊した俺の穴を
埋めてくれたのはやはり先輩だった。自分の仕事を抱えながら、俺の
仕事も完璧にこなし、復帰した俺を祝ってくれた。
 その後も激務だったが、先輩とその合間を縫って、二人でF1を見に
行ったりした。
 その年の秋。先輩がプロジェクトを引っ張り、俺はその下で先輩の
元担当部分を受け持つこととなった。基本的には俺に任せつつ、だが
何かあったらいつでも先輩がフォローに入れる。そういった意図の
見える体制だった。
(続く)
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

千秋「雪見だいふくは主食よ」2018/10/20 15:00
【悲報】援交おじさん、援交した女に給与明細を出す2018/10/20 14:16
【モバマスSS】奏「イカロスの翼」2018/10/20 14:00
特攻隊員(学徒動員)の方の会話「この戦争は負けるのか?命が惜しくて言うんじゃないが戦争に負ければ、日本が…2018/10/20 13:33
モバP「向日葵みたいなその笑顔で」薫「せんせぇ!」2018/10/20 13:00
週刊ベースボールの12球団ドラ1予想wwwwwwww2018/10/20 12:00
王子「オンラインハンティング!」2018/10/20 12:00
【エ○】男「私が来たからにはもう安心だ!」幼女「誰…?」2018/10/20 11:00
20歳で兵隊に行った。「丸大」っつう、爆弾の中に人間が乗って操縦して、敵に体当たりする部隊だった。特攻隊…2018/10/20 10:33