中国の“爆買いオファー”を断った選手&監督7人 英紙が特集「誘惑されなかった」

続きを読む
はてなブックマークに追加
中国1部スーパーリーグはかつてスター選手の“爆買い”によって大きな注目を集め、サッカー界も大きな盛り上がりを見せた。多くのスターが東アジア行きを選んだ一方で、実現しなかったオファーも数多く存在する。英紙「デイリー・スター」は、そんな中国からのメガオファーを断った選手と監督7人を紹介している。

特に2016年から17年にかけては多くのスターが欧州から中国へ渡った。チェルシーから上海上港(現・上海ポート)に移った元ブラジル代表MFオスカルの移籍金は、アジアサッカー界歴代最高の6000万ユーロ(約80億円)を記録。当時26歳で、キャリアの最盛期にあったスター選手の中国行きは大きな驚きを提供した。同年、Jリーグでもプレー経験のあるブラジル代表FWフッキ(ゼニト→上海上港)や元ブラジル代表MFラミレス(チェルシー→江蘇蘇寧)など実力者たちが次々に中国に上陸していった。

しかし、その一方でどれだけ魅力的なオファーにもなびかなかった選手や監督もいた。現在マンチェスター・ユナイテッドでプレーするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや現ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがそれに該当する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86fabb9d216920bdb16b18a221b420d75b24b9a8
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

弊社情シス、ZIPと別メールでパスワードを送る運用に疑問を感じ画期的なシステムを導入!2021/10/30 14:11
広島カイル・バードが31日帰国 去就は未定 今季加入し中継ぎワンポイントなどで33試合登板2021/10/30 14:00
ロッテ小窪哲也が現役引退「本当に幸せなプロ野球人生でした」13年プレーしたカープにも感謝2021/10/30 10:00
過去に嫁が調教されていた2021/10/30 08:50
婚姻届の証人2021/10/30 08:44
執着してきてて怖い2021/10/30 08:39
何かにつけて腐す奴は何なの?2021/10/30 08:36
疲労骨折2021/10/30 08:34
親知らず2021/10/30 08:32