「いや、日本人は控えめだけど…」なぜ吉田麻也はすぐカルチョに適応し、信頼を勝ち取れたのか。感謝した元日本代表監督は?

続きを読む
はてなブックマークに追加
サンプドリアに所属する吉田麻也は、長年にわたってヨーロッパのサッカー界で研鑽を積んできた。その中で、異なる文化の様々を積極的に吸収してきたことは、見事なリーダーシップを発揮する頼れるキャプテンとなった一因かもしれない。

2019-20シーズンの冬のマーケットでサウサンプトンからサンプドリアに移籍した吉田は、新型コロナウイルスの影響による試合延期やリーグ中断というアクシデントも乗り越え、イタリアの地で確かな地位を築いていった。

デビュー当初からイタリア語でインタビューに応じ、サンプドリアの本拠地ジェノバの方言も織り交ぜてサポーターのハートをわしづかみにした。以降もたびたび、イタリア語やジェノバ弁を駆使する姿に賛辞が寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/36aa14b1e39eec2d4796a152e92ac328e2c61156
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

弊社情シス、ZIPと別メールでパスワードを送る運用に疑問を感じ画期的なシステムを導入!2021/10/30 14:11
広島カイル・バードが31日帰国 去就は未定 今季加入し中継ぎワンポイントなどで33試合登板2021/10/30 14:00
ロッテ小窪哲也が現役引退「本当に幸せなプロ野球人生でした」13年プレーしたカープにも感謝2021/10/30 10:00
「今日は○○着るよ」←売上げが上がるようなことはあるのだろうか?2021/10/30 09:00
過去に嫁が調教されていた2021/10/30 08:50
婚姻届の証人2021/10/30 08:44
執着してきてて怖い2021/10/30 08:39
何かにつけて腐す奴は何なの?2021/10/30 08:36
疲労骨折2021/10/30 08:34