英紙記者が明かす南野拓実の「リアル評」。出場機会の限られるリバプールで未来はあるのか?

続きを読む
はてなブックマークに追加
リバプールが南野拓実の獲得を決めたのは2019年12月。フィルジル・ファン・ダイク(←18年1月サウサンプトン)やアリソン・ベッカー(←18年7月ローマ)と同じように重要な新戦力として、日本代表のアタッカーをアンフィールドに迎えた。

ユルゲン・クロップ監督やスポーツディレクターのマイケル・エドワーズら複数人からなる移籍委員会(リバプールの補強戦略を決める合議制の機関)も、狙ったターゲットを首尾よく確保できたことを喜んだ。

南野を獲得する決め手となったのが、チャンピオンズ・リーグ(CL)の直接対決でのパフォーマンスだ。19年10月2日、レッドブル・ザルツブルクの一員としてアンフィールドに乗り込んだ南野は、1-3から1点差に迫るゴールを奪い、さらにアーリング・ハーランド(現ドルトムント)の同点弾をアシストした。

その後、モハメド・サラーが決勝ゴールを決めてリバプールの勝利に終わったが、以前から南野を補強候補としてマークしていたクロップとエドワーズは、本腰を入れて獲得に乗り出したのである。

このとき、南野にはリバプールの他にも複数のクラブが目を付けていた。マンチェスター・ユナイテッド、ボルシアMG、そしてミランがなかでも熱心だった。しかし、リバプールは彼らに奪われる前に行動を起こし、レッドブル・ザルツブルクが設定する契約解除違約金700万ポンド(約10億850万円)を支払い、争奪戦を制したのだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/896172e6ba089795f91fb46a9e972d7534ff81e9
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

弊社情シス、ZIPと別メールでパスワードを送る運用に疑問を感じ画期的なシステムを導入!2021/10/30 14:11
広島カイル・バードが31日帰国 去就は未定 今季加入し中継ぎワンポイントなどで33試合登板2021/10/30 14:00
ロッテ小窪哲也が現役引退「本当に幸せなプロ野球人生でした」13年プレーしたカープにも感謝2021/10/30 10:00
「今日は○○着るよ」←売上げが上がるようなことはあるのだろうか?2021/10/30 09:00
過去に嫁が調教されていた2021/10/30 08:50
婚姻届の証人2021/10/30 08:44
執着してきてて怖い2021/10/30 08:39
何かにつけて腐す奴は何なの?2021/10/30 08:36
疲労骨折2021/10/30 08:34