「海外では当たり前の環境」18歳の海外留学で挫折も…川島永嗣が7カ国語を操れる理由

続きを読む
はてなブックマークに追加
今や活躍の場に海外を選ぶアスリートが増えているが、多くの日本人選手が直面するのが、「言葉」の壁ではないだろうか。

サッカー日本代表最年長38歳の守護神・川島永嗣は今年6月、2018 年から在籍しているフランス1部のストラスブールとの契約を2年延長した。クラブからの絶対的信頼を得ている理由の一つが「語学力」という武器を使ったコミュニケーション力に他ならないだろう。いったいどのように語学を身につけていったのか? 自身の経験を通じて、サッカー選手における語学の重要性について明かしてくれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c60af435ad0f862b05e09b0611f28e003f834da2
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

弊社情シス、ZIPと別メールでパスワードを送る運用に疑問を感じ画期的なシステムを導入!2021/10/30 14:11
広島カイル・バードが31日帰国 去就は未定 今季加入し中継ぎワンポイントなどで33試合登板2021/10/30 14:00
ロッテ小窪哲也が現役引退「本当に幸せなプロ野球人生でした」13年プレーしたカープにも感謝2021/10/30 10:00
「今日は○○着るよ」←売上げが上がるようなことはあるのだろうか?2021/10/30 09:00
過去に嫁が調教されていた2021/10/30 08:50
婚姻届の証人2021/10/30 08:44
執着してきてて怖い2021/10/30 08:39
何かにつけて腐す奴は何なの?2021/10/30 08:36
疲労骨折2021/10/30 08:34