オーディオのレビューに意味はあるのか?ネット時代でレビューは終わったのか

続きを読む
はてなブックマークに追加
冬の気圧配置が緩み、春を感じる今日ですが、今年もまた冬があっという間に終わって嵐の春がすぐに来るのかなと感じます。
さて、ブログを書いてもう15年くらいになりますが、オーディオ趣味とブログは割と相性が良いと感じます。
しかしながら、そんなブログもしばらく前からオーディオ業界の以上の縮小に転じています。

オーディオレビューの変遷
社会の中心はもはやネットであり、ネットの世界はSNSやTwitterといった場がメインストリートになっている今日この頃
紙媒体の雑誌の販売数は年々減少していき、一時期ブームになっていたブログサイトですら趣味でも仕事でもメインとして取り扱うことは少なくなりました。

そんな現状ですが、オーディオ趣味の皆様は、新しくオーディオ製品を買うとき何を頼りにしますか?
オーディオ趣味を本格的に始める前のことをふと思い出すと、価格.comの口コミやAmazonレビューを熱心に漁っていたことを思い出します。ヨドバシカメラで適当に試聴したり、ヘッドホンブックやスピーカーブックなどを買って読んでいました。併せて、2ちゃんねるのメーカースレを見たり、質問スレで聴いてみたりとネット上だけでも意外に多くの切り口があったと思います。

2010年頃のオーディオレベルはまだポータブル寄りのヘッドホン主体でまだ2ちゃんねるに人が多く集まっていた頃、新製品の話題や趣味の話は専門のスレでほぼ完結していたように思います。
それが、オーディオ機材の高額化とネット社会の変貌を境に、価格.comにはもう該当製品の口コミどころかページすらもない。2ちゃんねるでは、過疎と煽り合いばかりで欲しい情報が拾えない。雑誌に関してはどこもバックにスポンサーの存在があり、文章の真意を読み解くのが非常に難しいと感じていました。プロが書くレビューは精度こそ素人よりも高いものの、どうしてもメーカーへ忖度したメーカーカタログの付録のようなレビューになってしまい、読者が欲しい情報がうまくカモフラージュされたようなレビューになりがちです。

近年では、コロナによって大規模なイベントが相次いで中止され、話題の製品や新製品だったりの情報を得る機会がばっさり減ってしまったように思います。


寄り添うツイッター わたしがキングジムで10年運営してわかった「つながる作法」

新着画像

注目記事

新着記事

弊社情シス、ZIPと別メールでパスワードを送る運用に疑問を感じ画期的なシステムを導入!2021/10/30 14:11
広島カイル・バードが31日帰国 去就は未定 今季加入し中継ぎワンポイントなどで33試合登板2021/10/30 14:00
ロッテ小窪哲也が現役引退「本当に幸せなプロ野球人生でした」13年プレーしたカープにも感謝2021/10/30 10:00
「今日は○○着るよ」←売上げが上がるようなことはあるのだろうか?2021/10/30 09:00
過去に嫁が調教されていた2021/10/30 08:50
婚姻届の証人2021/10/30 08:44
執着してきてて怖い2021/10/30 08:39
何かにつけて腐す奴は何なの?2021/10/30 08:36
疲労骨折2021/10/30 08:34