マーティ・マクフライ「えっ? ドク、糞を漏らしたのかい?」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550755557/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:25:58.44 ID:GHbflzSB0
「ドク! 開けてくれ、ドク!」

マーティ・マクフライは焦っていた。
ひょんなことから、タイムスリップをして。
30年前のこの時代へと、迷い込んでしまった。
それに伴って、様々な出来事が彼を襲った。

「頼むよ、ドク! ドアを開けてくれ!」

若かりし日の両親と出会い、父親を追跡して。
父親の代わりに車に轢かれ母親に介抱された。
しかし、そんなことはこの際、どうでもいい。
母親にカルバン・クラインの下着を見られた。
それが藤色だったことすらどうでも良かった。

「開けてくれないと、僕は酷いことになる!」

何度も扉を叩きながら、マーティは懇願する。
今にも泣きそうな声で、開けてくれと叫んだ。
ダウンベストを着ていることもあり、まるで海で遭難して流れ着いた、漂流者のような有様。
しかし、彼が今現在、直面している問題は、大海原を漂うよりも辛く、切実な難題だった。

「頼むから……トイレを貸してくれ!」

一際大きな波が押し寄せる。極めてヘビーだ。
このままでは漏れてしまう。もちろん大の方。
もうダメだとマーティが諦めかけた、その時。

「君は沿岸警備隊の隊員だな?」

ドクター・エメット・ブラウンが扉を開けた。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:27:38.70 ID:GHbflzSB0
「ふぅ……助かったよ、ドク」
「君は私に寄付を求めているな? 他を当たれ」

トイレを借りた後、おかしなことを言われた。
エメット・ブラウン博士は勘違いをしている。
マーティを沿岸警備隊員だと、誤解していた。
こめかみに絆創膏を貼る彼は、科学者であり。
どうやら人の思考を読む装置を開発中らしい。
それが失敗作であることは、言うまでもない。

「僕は未来から来たんだよ、ドク」
「なんと……君に、その意味がわかるか?」

正体を告げると、ドクはわなわなと震えて。

「つまり、この発明は失敗作ということだ!」

開発中の思考を読む装置を、尻から引き抜く。
ドクの尻から生えたそれは、ヘビーだった。
ヘビーなデザインに、呆気に取られていると。

「おやすみ、未来人くん! 良い夢を!」

ドクは納屋みたいな建物の中に引きこもった。
どうやら失敗したことがショックだった様子。
しかしマーティはドクの大発明を知っている。
それに乗って、この時代へとやってきたのだ。

「待ってよ、ドク! 話を聞いてくれよ!」

返事はない。彼は悩み、そして、思い出した。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:28:58.46 ID:GHbflzSB0
「その、おでこの傷のこと、知ってるよ!」

タイムスリップ直前に聞いた話題を持ち出す。

「トイレの電球を取り替えようとして、滑って転んだんだ! そして閃いたんだ! 次元転移装置のアイデアを、その時、閃いたんだろう!?」

ドクに聞こえているかは、わからない。
それでも、この時代で頼れるのは彼だけだ。
マーティだけでは、トイレすらままならない。
再び便意に苛まれた際、彼が居なければ困る。
だからマーティは藁にもすがる思いで頼った。

「今、なんと言った……?」

納屋の扉が小さく開き、ドクが顔を覗かせた。
どうやら、興味を惹くことに成功したらしい。
当たり前だ。彼にとっては、今日の出来事だ。
マーティは、ここぞとばかりに、勝負に出た。

「百聞は一見にしかずって、よく言うだろ?」

実際に、タイムマシンを、見せることにした。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:30:33.24 ID:GHbflzSB0
「これが、【フハックス・キャパシター】さ」

デロリアンのアクセサリーをONにすると。
タイムマシンの心臓部に、電気が通った。
この装置によって、次元転移が可能となる。

「……な、なんと! 実現するとは……!」

まるで、雷にでも打たれたように震えるドク。
その手には、次元転移装置の設計図があった。
今日の閃きが、形となって、実体化したのだ。
彼は驚愕と歓喜と達成感に満ち溢れた表情で。

「私は今日、トイレの電球を交換しようとして滑って転び、額を便座にしたたかに打ち付け、その衝撃で糞を漏らした際に、見えたのだ!」
「えっ? ドク、糞を漏らしたのかい?」
「ハッキリと見えた! この装置の仕組みが!」

糞を漏らしたことは、知らなかったけれども。

「私はついに、機能する物を発明したのだ!」
「大発明だよ、ドク」
「こうしちゃいられん! 君を未来に帰さねば」

悲願の達成を喜ぶ暇など、彼らにはなかった。



続きを読む

新着画像

注目記事

悟飯「ピッコロさんは正確には男の人じゃないんだよ」
【球場】ワイ、赤対オレンジの東京ドームを観る【画像】(9/14G-C)
悟空「仕事行ってくる」New!
アルミン「安価でお友だち作る」
恒一「こんにちは。相席、いいかな」 未咲「あ、どうぞ」New!
恒一「恋人といる時の雪って特別な気分に浸れて僕は好きです」New!
マルコ「みんなが僕を無視するんだ。」
人体の不思議New!

新着記事

米軍のルール2019/09/21 12:00
【埼玉小4男児殺害】逮捕された32歳義父「実の親じゃないと言われ腹が立った」2019/09/21 12:00
やたらとおかずをねだる2019/09/21 12:00
ササニシキは消滅しました2019/09/21 12:00
出会い系2019/09/21 12:00
人体の不思議2019/09/21 12:00
恒一「恋人といる時の雪って特別な気分に浸れて僕は好きです」2019/09/21 11:32
恒一「こんにちは。相席、いいかな」 未咲「あ、どうぞ」2019/09/21 10:58
おれにとって,ばーちゃんは『優しさ』の権化みたいな人だった。そんなばーちゃんが入院した。本人には知らせな…2019/09/21 10:33