【シャニマス SS】P「プロポーズの暴発」夏葉「賞味期限切れの夢」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566062139/

1: ◆/rHuADhITI 2019/08/18(日) 02:15:41.93 ID:oj63shz20
「夏葉……いや、夏葉さん。俺があなたを幸せにします」

 きらびやかな夜景をバックにして、俺は意を決し、懐から用意していた小箱を取り出した。
 都内某所の高層ビルにある高級レストランにて。まともに予約を取ろうとすれば何年待ちともいわれる席で、俺は元担当アイドルと向き合っていた。夜景の中心には、東京の顔となって久しい電波塔が据えられている。
 
 彼女がアイドルだったのはつい三ヶ月前までのこと。九年のアイドル生活に円満な終止符を打ち、プロデューサーとアイドルという関係は既に解消されていた。この日は単なる知人として、しかし、単なる食事会ではないことを匂わせて彼女を呼び出していた。
 
 社長に憧れて用意した一張羅の白スーツに身を包み、俺はなけなしの勇気を奮い立たせる。ひとつ小さく息をつき、手の中の小箱を開けた。ペリドットをあしらったダイヤモンドリングが姿を見せる。
 
「どうか、俺と結婚してくれませんか」

 俺は彼女の目をみすえて迷いなく口にする。それと同時に、予定していた通り、電波塔のライトアップが色を変えた。通常の配色である紫から、放課後クライマックスガールズにちなんだ五色へとうつろっていく。赤に、黄に、青に、ピンクに、そして緑に染まって。
 それで彼女は、きっと息をのんで――





2: ◆/rHuADhITI 2019/08/18(日) 02:16:45.34 ID:oj63shz20

   ◇

 実際のところ、夏葉がアイドルを引退したのは三週間ほど前のことだった。今月の頭――関東が梅雨入りする直前だったか――にユニットの解散ライブを行い、惜しまれつつも、約九年間のアイドル活動に幕を引いた。

 俺と夏葉との関係は、いまだプロデューサーとアイドルのままだった。書類上の話だ。夏葉と事務所の契約は月末まで。この六月いっぱいは、形骸化したとはいえ、その関係が維持されることになっている。

「遅めのモラトリアムかしらね」
 夏葉は現状を浮かない顔でそう評していた。俺はそれを「らしくない」とも思ったが同時に、「仕方がない」とも思っていた。

 やれ『トップアイドル』だの『いま一番勢いのあるプロデューサー』だの、そう持て囃されていた三週間より以前ことが、もうずいぶんと昔のことのように感じられる。
 
 夏葉がアイドルとしての活動を終えて、二人のスケジュール帳には空白が目立つようになった。端的に言えば、俺たちは急激な変化に戸惑っていたのだろう。慌ただしくも明確だった日常から放り出され、時間的なもの以上に、何か精力的なものを持て余していた。
 
 そして、そういった変化に対するある種の必然として、俺は夏葉と出かけることが増えた。
 夏葉は「六月の間は」と言って事務所に顔を出す。俺は一時的に仕事が減っている。夏葉は海を見るのが好きだ。俺は夏葉との時間が好きだ。だから、必然だ。

 頻度にして三日に一回、さしたる目的もなく、俺と夏葉は海を見に行った。海に行く途中で、色んな寄り道をして、二人の時間を楽しんでいた。見ようによっては『デート』だと言えたかもしれない。

 ――今日だって、そういった日のひとつにすぎないはずだった。

 いつも通りだった。昼前に事務所で待ち合わせて、二人で相談して目的地を決めて、ゆるりとドライブを楽しむ。何も変わらない。
 脈絡もなかった。取り留めのない話をした。懐かしい話をした。二番目のアルバムのことだとか、メンバーの高校卒業を祝った時のことだとか。差し障りのない話を色々と。
 それでいて唐突だった。話の切れ目に、夏葉の横顔がちらりと見えた時に、俺は言った。

「なあ、夏葉。結婚しないか」


3: ◆/rHuADhITI 2019/08/18(日) 02:20:04.75 ID:oj63shz20

 俺は自分でわかるほどに目を丸くした。自身の口をついて出た言葉が信じられなかった。目をすぼめて、またたきを何度か繰り返す。対して、助手席に座っている夏葉はぴくりともしなかった。

 あべこべだ、と思った。婚約を切り出した側が狼狽していて、切り出された側が平然としている。盗み見た夏葉の横顔は、神妙な面持ちで車の進行方向を見つめているだけだった。

 もしかしたら聞こえなかったのかもしれない、と疑問が浮かぶ。今ならば発言をなかったことにできるのでは、と頭をよぎる。しかし首を軽く振って、その考えを打ち消した。夏葉に嘘をつきたくない。

「それも……いいかもしれないわね」

 しばらくしてから、呟くように夏葉が言った。ちょうど車が赤信号に引っかかった時だった。
 語調から否定的なニュアンスは感じ取れなかった。目元をよく見れば、わずかに緩んでいる。嫌がられてはいないようだった。だが、反応に乏しいというのはやはり不安になる。

「ひとつ確認していいか」
「ええ」
「その……結婚してもいいかもしれない、って言ってくれたよな。それはつまり、夏葉は俺のことを好いてくれている……ってことでいいんだよな?」

 改めて言葉にすると、それは間抜けさを漂わせた問いになっていて、俺は無性に頬を掻きむしりたくなった。

「わざわざ確認することかしら。好きに決まっているじゃない。そうじゃなかったらすぐに断っているわよ」
「そ、そうか」

 胸の内に薄っすらとした安堵が広がった。しかし、それで不安が消えてくれるわけではなかった。
 正直なところ、夏葉の好意に関して自信があった。九年近く共に活動してきたのだ。好かれているという自負はあったし、好いているという自覚もある。それは夏葉も同じだろう。

 こと好意に関しては、互いの気持ちを確信できている。それは間違いない。だからこそ、夏葉の態度が腑に落ちなかった。
 そういう解せない感情を察したのか、俺が訊ねるより先に夏葉が口を開いた。

「想像できないのよ」
「……想像?」
「アナタとの生活が、どういうものになるのかわからなくて」

 信号が赤から青に変わる。なるべく静かな発進になるよう心がけて、じわりとアクセルペダルを踏み込んだ。



4: ◆/rHuADhITI 2019/08/18(日) 02:20:43.71 ID:oj63shz20
「別に、結婚するのが嫌なわけじゃないの。そんなはずない。好きな人と一緒になれるのだから、嬉しいことに決まっているわ」
「なら何が引っかかってるんだ?」
「見えてこないのよ。その生活の中で、私は何をしていて、何を目指しているのか……それが、見えてこないの」
 夏葉の声には抑揚がなくて、まるで自分自身に言い含めているようでもあった。

「……夏葉が、アイドルじゃなくなるからか」
「そう……ね。そういうことだと思うわ。アイドルじゃない自分なんて、今まで想像もしてこなかったもの」

 夏葉が目を伏せた。俺は外れて欲しかった推測が当たっていたことを痛感した。夏葉の戸惑いは、俺の想像よりもはるかに大きく、根深そうだった。

 逆の立場で、もし俺が明日にでもプロデューサーを辞めなくてはならない、となったらどうだろう。当面の金はある。住む場所もある。友人だっている。それでも、胸にぽっかりと穴が空いたような気分になるのは、避けられないのではないだろうか。

「想像、か」
 夏葉の言葉を反芻した。
 俺と夏葉の今後も想像が難しかった。今まではアイドルとプロデューサーでよかった。志を共にし、同じ高みを求め、手を取り合い支え合って進んできた。それだけでよかった。

 しかし、その関係は終わった。あるいは終わろうとしている。ゴールにたどり着いてしまったからだ。無機質な言い方をすれば、関係の賞味期限切れだ。




続きを読む

新着画像

注目記事

悟飯「ピッコロさんは正確には男の人じゃないんだよ」
【球場】ワイ、赤対オレンジの東京ドームを観る【画像】(9/14G-C)
悟空「仕事行ってくる」New!
アルミン「安価でお友だち作る」
恒一「こんにちは。相席、いいかな」 未咲「あ、どうぞ」New!
マルコ「みんなが僕を無視するんだ。」

新着記事

恒一「こんにちは。相席、いいかな」 未咲「あ、どうぞ」2019/09/21 10:58
おれにとって,ばーちゃんは『優しさ』の権化みたいな人だった。そんなばーちゃんが入院した。本人には知らせな…2019/09/21 10:33
悟空「仕事行ってくる」2019/09/21 10:14
「覚醒の一年となるか!?」水野愛理が17歳に2019/09/21 09:32
夏ももうすぐで終わるし皆で怖い話でもしよう2019/09/21 07:30
鷹の目のミホークさん、ついに格が落ちる2019/09/21 07:00
悟飯「ピッコロさんは正確には男の人じゃないんだよ」2019/09/21 07:00
【球場】ワイ、赤対オレンジの東京ドームを観る【画像】(9/14G-C)2019/09/21 07:00
アルミン「安価でお友だち作る」2019/09/21 06:00