律子・P「「二人で休暇」」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1344505964/

1: 1 2012/08/09(木) 18:52:44 ID:6QIN9ulk

P「おはようございます」

律子「あ、プロデューサー。おはようございます」

P「おお律子。…あれ、音無さんは?」

いつもなら律子と一緒に声を掛けてくれる音無さんが、
今日は事務所に居なかった。


3: 1 2012/08/09(木) 18:54:17 ID:6QIN9ulk

律子「あぁ…小鳥さんなら今日はお休みみたいです」

P「そうなのか…まぁ音無さんもここ最近休んでなかったようだしな」

律子「それはプロデューサーもでしょう?
   最近、いつ休みましたー?」

律子はそう言いながら俺に顔を近づけてきた。

P「おおぅ…えー…その、なんだ…」

いつ休んだか思い出そうとする…のだが、
いかんせん律子の顔が近い。

同僚とはいえ、律子も元アイドル。顔は整っているし、なによりー…

P「…いい、匂いが…」

律子「…な…///」


4: 1 2012/08/09(木) 18:56:12 ID:6QIN9ulk

つい口からこぼれたその一言は、近づいていた律子の顔を引っ込めて
代わりに気まずい空気を運んできた。


「…あの」
「えっとだな…」

言葉がかぶる。

「「先に…」」

また。

頬を赤くして俯いている律子は、
もうなにも語るまいとでも言うように口を結んでいる。

俺は意を決して口を開いた。


5: 1 2012/08/09(木) 18:57:06 ID:6QIN9ulk

P「律子、ここじゃ何だし、ほら、ソファにでも座ろう」

何しろ俺はまだ入り口から数歩しか進んでないのだ。

律子「あ、はい…///」

俺は律子の横を通り抜け、ソファへと先に腰掛けた。
当の律子はまだ頬を赤くしてオドオドしている。

P「雪歩みたいだな…律子、ほら、おいで」

ぽんぽん、とソファを叩くと、ようやく律子は歩き出した。

律子「あの…プロデューサー?」

まるでこれからお説教を受けるかのような、
子供のような潤んだ瞳で、律子は俺の顔を覗き込んできた。


P「かわいい」

律子「ふぇ!?」



続きを読む

新着画像

注目記事

P「千早―、新しい仕事が来たぞ」
サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか
エレン「ストレッチマン?」
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」
5月の広島打線wwwwwwwwwwwwwwwwNew!
真美「きっとあの人は」

新着記事

5月の広島打線wwwwwwwwwwwwwwww2019/07/19 11:00
お小遣いを1000円せびったけど貰えなかったから親の財布から1000円くすねた。でも出かける時母親が1000円くれよ…2019/07/19 10:33
サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」2019/07/19 08:00
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」2019/07/19 07:00
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか2019/07/19 07:00
ワンパンマンの黒い精子に勝てるヒーローいなくね?2019/07/19 07:00
エレン「ストレッチマン?」2019/07/19 06:00
P「千早―、新しい仕事が来たぞ」2019/07/19 05:00
真美「きっとあの人は」2019/07/19 04:00