一夏「ラウラ、お前のことが好きだ。」 ラウラ「・・・私もだ。」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : https://engawa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325415552/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 19:59:12.95 ID:tKoBqks20


            _ ,∠....,,_       ヽ,    丶
         ,-'"´-,‐t'''x―─‐- ̄""''''─ ,,_ i       \
       ´-‐''''7  `、 \     、         i.       i ヽ
           i    入.ヽ 、 \ 、  _`,|        !  ,
.            |    i |三、ヽミヘ 、\::X"....,,,_|        |   ',
.          |    i∀ーェ`、ヽ斤ヘ`、::::::::::::|       |    i
         |   | | Nイテ可; \弋:::::::::::::::::;;i         !.    |
            |   !.| i《ゝ''"く     ー--‐''/         ト,   |
.           |  i !.| |           /   /  ,  ! i   |
          |  |  i| i           /  /  i  i.ノ     |   エロは無い
.         | /|  'ヘ    '⌒ヽ    /  /   ,|  ! |    |    繰り返す、エロは無い
        | / !   ,丶          / /|     /| | |     |
          i/   !   | i `,、      // i     / i /  |.    |
              |   |ヘ | ヽ    ,.. -  !   /  ソ  |.    |
            |   | 〉〈|.  ー,"     _!    /  ! ,   |   ',
               ',  i/ /|    i-‐''"´/   /i_,,....,,_ i   !    ',
            ヽ 〈 /.|    i   /  /'"     ヽ .|   i ',
            冫 〈.i _ ,r-' ‐'"´/ /       ヽ .|   ト、 ',
                / 〉, ',´ ."    ,イ/          i .|   i `, '.
           // \i    / "           | |   | |. i



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 20:01:01.41 ID:tKoBqks20


俺の名前は織斑一夏。

今日も俺はいつものようにIS学園へ登校した。

ホームルームの時間になると同時に、その少女は山田先生の隣へ歩いてきた。
目を瞑り少し不機嫌そうに、しかし何か威厳のようなものを感じさせる銀髪の少女。

眼帯をしているのが少し気になるが、とても可愛い・・・。


山田先生が少し困ったような、生徒の反応を予測しているような口調で話はじめる・・・・。

山田先生「えっと、今日も嬉しいお知らせがあります。またひとり、クラスにお友達が増えました。」

山田先生「ドイツから来た転校生のラウラ・ボーデヴィッヒさんです。」

「どういうこと?」
「二日連続で転校生なんて・・・」
「いくらなんでも変じゃない?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 20:02:23.42 ID:tKoBqks20


山田先生「皆さんお静かに!まだ自己紹介が終わっていませんから!」
すると、千冬姉がその少女へ挨拶をするよう促す。

ラウラ「はい、教官。」

ドイツからの転校生、そして千冬姉のことを『教官』と呼ぶその少女は
恐らくドイツ軍の関係者なのだろう。

ラウラ「ラウラ・ボーデヴィッヒだ・・・・・以上だ。」

威厳を感じさせるが、その中に何か不機嫌そうな、
まるで部屋で見つけた虫に苛立つような口調を含ませて、彼女は短い自己紹介を済ませた。

そして俺を威嚇するような目つきで睨みつけるラウラ。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 20:04:03.28 ID:tKoBqks20


俺の元へ歩いてくる・・・・気がつくとラウラの右手が空を裂き俺の右頬へ向かってくる。

俺はほぼ反射的にその腕を掴んだ。箒に毎日特訓をされている成果だろうか。

クラスの空気が一瞬にして凍りつく。

彼女の顔を見ると、少し狼狽していたが、すぐに不機嫌そうな顔に戻って、勢いよく俺の腕を振りほどく。

俺も負けじと彼女の綺麗な瞳を睨み返す。

一体彼女は何を考えているのだろうか、と思考を巡らせていると・・・

ラウラ「き、貴様が織斑教官の弟などと、私は認める・・・・ものか・・・・・。」

何か、拍子抜けしてしまいそうな口調で決め台詞を言うラウラ。
明らかに動揺している。



続きを読む

新着画像

注目記事

P「千早―、新しい仕事が来たぞ」
サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」New!
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか
エレン「ストレッチマン?」
P「春香がヤンデレになってしまった...... 」
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」
真美「きっとあの人は」

新着記事

サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」2019/07/19 08:00
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」2019/07/19 07:00
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか2019/07/19 07:00
ワンパンマンの黒い精子に勝てるヒーローいなくね?2019/07/19 07:00
エレン「ストレッチマン?」2019/07/19 06:00
P「千早―、新しい仕事が来たぞ」2019/07/19 05:00
真美「きっとあの人は」2019/07/19 04:00
P「春香がヤンデレになってしまった...... 」2019/07/19 03:00
真央「Newスーパー真央World」[スクメロ×スクスト2]2019/07/19 02:00