西住まほ「おいら、ボコだぜ!」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560961781/

1: ◆DLwRpsYLYI 2019/06/20(木) 01:29:42.06 ID:AXmJ8DO/0
まほ「おいらボコだぜ!」

まほ「どうだ? ボコに似てるか?」チラッ

エリカ「え、えぇ……少しは」

小梅「全然似てないです。少しもボコを感じられませんでした」ビシッ

エリカ「小梅! ちょっとは隊長に配慮しなさいよ!」

まほ「そうか、似てないか……いや、いいんだエリカ。此方もはっきり言って貰った方が助かる」ズーン

まほ「……ん、ゴホン!」

まほ「オイラ、ボコだぜ!」

まほ「今のは我ながら上手くできたな! そうだろ、二人とも?」チラッ

エリカ「……目を瞑って聞いていたので、完全にボコが目の前に現れたかと思いました! 流石隊長です!」グッ

小梅「エリカさん、耳の穴完全に塞がってるんじゃないですか? 全然似てませんでしたよ?」

エリカ「んもう! そんな事言ってたらいつまでも帰れないでしょうが! 只でさえ呼び出される時間も遅かったのに、こんな事で時間使ってられないのよ! このバカ!」

小梅「ちょっとエリカさん! いくらなんでもそれは言い過ぎですよ!」

エリカ「はっ! …………隊長?」チラッ

まほ「…………ぐすっ」グスン

エリカ「ひぇっ! すすすみません、決してそんなつもりじゃ……」アタフタ

まほ「……いや、いいんだ。二人とも、態々こんな時間に呼び出してすまなかったな」シュン

まほ「……だから、次で決める!」キリッ

エリカ(続けるんかいっ!)イラッ





2: ◆DLwRpsYLYI 2019/06/20(木) 01:30:44.20 ID:AXmJ8DO/0
まほ「おいら、ボコだぜ!」(迫真)

エリカ「…………」チラッ

小梅「うん、似てないです」グッ

まほ「…………駄目かぁ」ガクリ

小梅「結局隊長はどうなされたんです? こんな時間にいきなり呼び出されて、ボコの物真似を披露されても私には何が何だか……」

エリカ「もう夜中の2時ですからね、てっきり藁人形で気に入らない奴を呪いに行くのかと思いましたよ」

まほ「…………いや、それなんだが……戦車道を通じて、みほと色々あったろう?」チラッ

まほ「一時期はそれでみほとギクシャクしてしまったが、今ではすっかり元通り、いや元以上に仲良くなれたと思うんだ」

小梅「大学選抜戦とかもありましたしね。私もみほさんとまた仲良くなれて嬉しいです」ウンウン

まほ「それで、だ。私はみほにもっと遊びに来て欲しい。折角お互いの蟠りも消えたんだ、気軽にこの黒森峰に訪れて来て欲しい」

エリカ「……それと夜中の2時に後輩呼び立てて似てない物真似披露するのになんの関係があるんです? もう2時30分過ぎたんですけど」

まほ「……こうは考えられないだろうか? もし私がボコの物真似が凄く上手だったら……それが色々な人伝にみほの耳に入って……」

まほ「『お姉ちゃん、ボコの物真似凄く上手なんだ……うっひょーこりゃ黒森峰に遊びに行くしかないね!』とならないだろうか?」

小梅「無いですね」スッパリ

まほ「完全にボコの物真似を習得してもかっ!?」ビックリ

小梅「無いです」キッパリ



3: ◆DLwRpsYLYI 2019/06/20(木) 01:31:24.34 ID:AXmJ8DO/0
エリカ「というか、なんでそんなに遠回りで噂を流そうとするんですか? みほなら素直に遊びに来いって言えば来るでしょ」

まほ「私がっ! 私がお前達なら迷いはしなかった! 友達の様に誘えれば苦労しないんだっ! 私はこれでもお姉ちゃんなんだぞ。姉が遊びに来いって言ったら嫌でも来るしかないだろう? そんなパワハラめいた事はしたくないんだっ!」

エリカ「だったら夜中に後輩を呼び出すのはパワハラじゃないんですか!? 明日……いや今日も朝練があるのに何で呼び出すんですか! どうせ朝に会うじゃないですか!」

まほ「いや、ちょっと眠れなくてな……それで、昔の事を思い出してたらボコが浮かんできて……これはイケる、と思って二人を呼び出したんだ」

エリカ「それじゃ完全に私達はとばっちりじゃないですか! みほに会いたいなら会いに行くなり何なりしてくださいよ! もう私は帰りますからね!」クルッ

まほ「……ぐずっすま、すまない……わたっ私はあまり友達が居ないから……ぐすっ……みほとも……みほとも面識が深いお前達なら相談できるかなと思ってぇ……!」グスッ グスッ

エリカ「……あーもう、わかりましたよ! 何か考えればいいんでしょ、何か考えれば!」クルッ

小梅(エリカさんチョロいなぁ……隊長、真顔で泣き真似してたのに)

エリカ「それで? 結局隊長はどうしたいんですか?」

まほ「みほに遊びに来て欲しい! 自らの意思で!」バンッ

小梅「でも、そもそも学園艦の行き来ってそんなに気軽には出来ませんからねぇ。うちみたいに自由になるヘリでもあれば別ですけどね」

エリカ「何処か大型の町に偶然一緒に寄港したりした時ぐらいしか気軽な距離にはならないわね。隊長にヘリを出せって言われればそりゃ出しますけど」

まほ「そうだな、ヘリを大洗に寄贈するか。パイロット付きで」チラッ

エリカ「そのパイロットって私の事ですよね!? 絶対に嫌ですよ!」フンッ

小梅「そもそもヘリがあっても黒森峰に来たいとは思わないんじゃ……」

まほ「お姉ちゃんが待ってても駄目か? みほに私がティーガーに乗って待ってるぞと伝えればうきうきで来るんじゃないのか?」

エリカ「それじゃ挑戦状になっちゃうでしょ!」



続きを読む

新着画像

注目記事

P「千早―、新しい仕事が来たぞ」
サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか
エレン「ストレッチマン?」
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」
真美「きっとあの人は」

新着記事

お小遣いを1000円せびったけど貰えなかったから親の財布から1000円くすねた。でも出かける時母親が1000円くれよ…2019/07/19 10:33
サシャ「隠し味なんてどうでしょう?」2019/07/19 08:00
アニ「か弱い乙女の気持ちなんて」2019/07/19 07:00
カープの今年のドラフトは即戦力投手狙いか有望高校生投手狙いか2019/07/19 07:00
ワンパンマンの黒い精子に勝てるヒーローいなくね?2019/07/19 07:00
エレン「ストレッチマン?」2019/07/19 06:00
P「千早―、新しい仕事が来たぞ」2019/07/19 05:00
真美「きっとあの人は」2019/07/19 04:00
P「春香がヤンデレになってしまった...... 」2019/07/19 03:00