「世界では社会主義がブームなのに・・・」崖っぷちの社民党がこの先生きのこるには

続きを読む
はてなブックマークに追加
1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ID] 2019/03/15(金) 20:01:55.39 ID:6FOFmxsR0 BE:844481327-PLT(12345) sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
立憲民主党と国民民主党の野党第1党の座をめぐる確執が続く中で、すっかり埋没して政党としての存続さえ危ぶまれているのが社会民主党である。
同党の事情に詳しい古参党員に話を聞くと、夏の参院選が瀬戸際の選挙になるという。

「今や国会議員は衆院2、参院2なので、参院選で3人を当選させて計5議席を確保するか、比例の得票率が2%を超えるかしないと政党要件を失うのだが、かなり厳しい情勢だ」と表情は暗い。

「やはり、イデオロギーの時代は終わったということか」と、慰めにもならない言葉を返すと、
彼は「そうには違いないが、実はいま世界は再び社会主義、社会民主主義のブームなんだ。我が党も、もうちょっと頑張って続いていけば、そのブームに乗れるかもしれないのに……」と、そこに一筋の光明を見いだしたい様子である。

それは本当で、たまたまその日の「ニューヨーク・タイムズ」では人気コラムニストのロジャー・コーエンが「社会主義と2020年の米選挙」と題して、
欧州ではアングロサクソン風の自由市場至上主義への反発として社会主義がキーワードとして蘇っており、
それが米国に渡って16年のバーニー・サンダースのブームを生んだが、次の20年選挙にはサンダースの後継者アレクサンドリア・オカシオ・コルテスら若い世代の社会主義者の台頭が焦点になる、と書いている。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249361




https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552647715/

新着画像

注目記事

朋也「汐がオッサンの事をおじいちゃんと呼ぶようになった」
男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」
璃緒「早すぎよ」 凌牙「は?」New!
リヴァイ「腹痛ぇ」New!
諏訪「寝る」有紗「どーぞ」
【かぐや様は告らせたい】白銀「ずっとずっと一緒にいてくれ」かぐや「はい。喜んで」
杏「ちょっと朋也!本気なの!?」
モブリット「分隊長がいません」New!

新着記事

モブリット「分隊長がいません」2019/03/27 05:00
リヴァイ「腹痛ぇ」2019/03/27 04:00
璃緒「早すぎよ」 凌牙「は?」2019/03/27 03:00
朋也「汐がオッサンの事をおじいちゃんと呼ぶようになった」2019/03/27 02:00
杏「ちょっと朋也!本気なの!?」2019/03/27 01:00
【かぐや様は告らせたい】白銀「ずっとずっと一緒にいてくれ」かぐや「はい。喜んで」2019/03/27 00:09
諏訪「寝る」有紗「どーぞ」2019/03/26 23:00
男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」2019/03/26 22:00
「……私さん……日本の、これだけが理解できないのデス。これですよ。これこれ」見ると、カンとビンを入れるごみ箱…2019/03/26 21:33