魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」(後編)

続きを読む
はてなブックマークに追加
魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」(前編)

319 : ◆Ks1JsTemxeE/ 2017/05/11(木) 15:30:29.01 ID:OWBPr/esO


  ■ 第31話 重過ぎた彼のもの ■ 
  
  
 


320 : ◆Ks1JsTemxeE/ 2017/05/11(木) 15:32:15.78 ID:OWBPr/esO
魔伯爵「魔王サマのご意志を持って新たな王となりマス」 


魔王「うん……」 


 魔王は物悲しげな表情で見つめる。 
 腰にさした剣を手に取り、魔伯爵の前へ出す。 

魔王「魔剣だよ。これは“魔王”しか触れることが出来ない。解放したから、もう暴走することもないよ」 



魔伯爵「……」 

魔王「こんな剣を持てても王として……ボクは何も変えられない。民の気持ちや兵士達の信頼、そっちの方がよっぽど重い」 



魔王「キミこそ王として相応しい」 

魔王「この魔剣と共に王位を託します」 




魔王「受け取ってください……」 

魔伯爵「……はい」 

 魔伯爵は差し出された剣に手を伸ばし…… 



 受け取る。 


魔伯爵(魔剣……これで我が) 


魔伯爵「“魔王”だ……」ニヤリ 

魔王「……」 








魔王「……残念だよ。魔伯爵さん」 




321 : ◆Ks1JsTemxeE/ 2017/05/11(木) 15:35:44.83 ID:OWBPr/esO
魔伯爵「?」 


 魔剣は……いや、魔王が渡した剣は黒い泥のように溶ける。 




 魔伯爵は魔法封の呪いにかかった! 

魔伯爵「これは……魔剣ではない?!!」 

魔王「キミが黒幕だったんだね」 




 魔伯爵の足元に魔法陣が浮かび上がり、部屋全体が結界に封じ込められる。 
 魔王は泣き出しそうな表情を浮かべ魔伯爵を見つめる。 
 背後から女側近、魔執事、エルフが現れ魔伯爵を取り囲んだ。 

魔王「それは魔剣ではなく、エルフさんに作ってもらった呪いの剣」 

エルフ「おぬしの魔法は封じ込めた。この結界も特別仕様じゃ」 

魔執事「……オメェを尊敬していたのにょ」 

女側近「……伯」 

魔伯爵「……」 


魔王「キミの策略は終わりだっ!」 

魔伯爵「最初から……我に“魔王”の座を譲る気など無かった」 


魔王「うん……ごめん、ハッタリだよ」 

魔伯爵「我が裏切り者ということデスか? なぜ?」 



魔王「ずっと分からなかったよ……側近が裏切るとは考えもしなかった」



続きを読む

新着画像

注目記事

まどさや「「マミさん!」」ほむら「巴さん!」杏子「マミ」
【超画像】マガジン連載中「七つの大罪」、ガチでヤバイwwxwxwwxwwxwwxwwxwxww
シ◯タコン女23歳、ネトゲでシ◯タ狩りを行うもオッサンを召還してしまい無事昇天New!
横山奈緒「暇な話」
女立喰師「くっ、殺ッケ!」オーク「間違いない…、奴はプロだ…!」New!
天空橋朋花 VS 足ツボマッサージ【ミリマスSS】
広島に強力助っ人送り込むシュールストロム氏の哲学
【まどマギ】ほむら「私はまどさや派よ」

新着記事

女立喰師「くっ、殺ッケ!」オーク「間違いない…、奴はプロだ…!」2019/02/24 10:22
シ◯タコン女23歳、ネトゲでシ◯タ狩りを行うもオッサンを召還してしまい無事昇天2019/02/24 09:42
【超画像】マガジン連載中「七つの大罪」、ガチでヤバイwwxwxwwxwwxwwxwwxwxww2019/02/24 07:00
広島に強力助っ人送り込むシュールストロム氏の哲学2019/02/24 07:00
天空橋朋花 VS 足ツボマッサージ【ミリマスSS】2019/02/24 06:00
1979年生まれだけど、一番面白い時代に青春を過ごしたと思う2019/02/24 05:35
横山奈緒「暇な話」2019/02/24 05:00
まどさや「「マミさん!」」ほむら「巴さん!」杏子「マミ」2019/02/24 04:00
【まどマギ】ほむら「私はまどさや派よ」2019/02/24 03:00