乃々「乃々のノーノーラジオ……」蘭子「この宴、楽しもうぞ!」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546966951/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/09(水) 02:02:32.04 ID:rT0qUbCr0
・(既にpixivに投稿してありますがここでは)初投稿です
・アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です
・設定などに若干の改変があります
・原作で殆ど絡みの無い二人の話です
・オリPが出ます





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/09(水) 02:11:14.06 ID:rT0qUbCr0
蜃気楼揺らめき太陽の嘲笑うような表情に何度も翻弄される夏。私こと森久保乃々は涼しさを求めて事務所のプロデューサーさんの机の下に居ました。
美城プロダクション全体に言えることなのですが、冷房が効いているのは良いんです。でも少し効きすぎじゃないですかね……?
暑いのも寒いのも苦手なもりくぼからすれば体調を崩しかねないので、冷房が直接当たらないプロデューサーさんの机の下は程よい環境として認知されてしまったのです。

「ああぁ……心地いい……」

思わずそんな言葉を漏らしてしまう程には絶妙な加減の涼しさです。流石は聖域(サンクチュアリ)と言った所ですか。ですが、いつまでもこうしてはいられません。本日はラジオ番組「乃々のノーノーラジオ」の収録。以前ゲストとして招かれたラジオが好評だったので、プロデューサーさんが隔週で番組を取ってきてしまったのです。メインパーソナリティなのです。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/09(水) 02:12:19.85 ID:rT0qUbCr0
今回で三回目を迎えるこの「乃々のノーノーラジオ」、いささか名前が適当過ぎやしないかと常々思っているのですが、プロデューサーさんが決めたことなので覆しようがありません。
単純に一人でラジオをするのは難しくはありません。アイドルになって既に半年以上が経過しようとしますが、数々の仕事を(無理矢理やらされてきた)こなしてきた経験から言って、一人のラジオ番組は楽な部類です。こちらの事情も知っているスタッフさんが多いためか、他のアイドルさんよりも多くカンペやアシストなどを出してくれます。

ですが今日は違います。今日の第三回「乃々のノーノーラジオ」は遂にゲストをお招きすることになったのです。
お相手は同じ美城プロダクションの神崎蘭子さん。会話したこともなければ、お会いしたこともない方です。部署が違いすし、なによりこのプロダクションには一五〇名を優に越えるアイドルが在籍しています。半年経っても名前しか知らないのも無理はありません。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/09(水) 02:13:09.23 ID:rT0qUbCr0
「あうぅ……」

初めてお会いする方とお話出来るでしょうか。いや、無理です。反語。
もりくぼは只々平穏に暮らしたいだけなのです……。植物の心のような人生を……。どうしてプロデューサーは仕事を取ってきたのでしょう。プロデューサーだからですね。はい。

そうこうしている内に収録するスタジオへの移動時間が迫ってきています。

「で、出たくないぃ……」

冬にこたつから出たくないのと同じように、もりくぼはこの机の下から出るのを嫌がっていました。これから辛い目に合うと分かっていながらどうして呑気に出ていけるでしょうか。それもこれも次々と仕事を与えるプロデューサーのせいです。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/09(水) 02:14:02.18 ID:rT0qUbCr0
「じゃ、じゃあ出ていかなければいいんじゃないか……?」

「ひぃっ!?」

突然隣から聞こえてきた声に心臓が縮み上がります。すぐさま首を向けるとそこには同じプロデューサーの元に働く輝子さんの姿が。

「……輝子さんいつの間に?」

入ってきた時、誰も居なかったはずなのですが。勿論そのあと誰も入ってきませんでした。

「フ、フフ……企業秘密ってやつだよ乃々さん」

隠されるとことさら怪しく感じますがともかく、仕事に向かわないといけないのは事実です。

「……あの、今日の収録、初めてゲストを招くんです。でもどうやって会話すればいいのか……」

素直に相談することにしました。

「誰と、コラボするんだ?」

「神崎蘭子さん……ですね」

「あぁ……あの子はとっても良い子だ……本人が個性的な上に他の人の個性にも理解を示してくれる……」

他人の個性に理解を示してくれるというのはとても良いことだと思います。きっと優しい方なのでしょう。

「良い子……話しやすいんですか?」

「……まぁちょっと覚悟しておいた方が良いんじゃないかな。うん。」

「えっ」

えっ。




続きを読む

新着画像

注目記事

にこ「意外なコーヒーとの食べ合わせ」
兄「どうか妹を返して・・・」 神「よかろう」
男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」
男「僕は社会の歯車だ」 女「おこがましいぞ」
諏訪「寝る」有紗「どーぞ」New!
男「ゾンビと姉と妹と」
【かぐや様は告らせたい】白銀「ずっとずっと一緒にいてくれ」かぐや「はい。喜んで」New!
なかなか素直にならない女の子をどうにか落とす話

新着記事

杏「ちょっと朋也!本気なの!?」2019/03/27 01:00
【かぐや様は告らせたい】白銀「ずっとずっと一緒にいてくれ」かぐや「はい。喜んで」2019/03/27 00:09
諏訪「寝る」有紗「どーぞ」2019/03/26 23:00
男子「よぉ黒澤、中学以来じゃん」 ダイヤ「っ!」2019/03/26 22:00
「……私さん……日本の、これだけが理解できないのデス。これですよ。これこれ」見ると、カンとビンを入れるごみ箱…2019/03/26 21:33
にこ「意外なコーヒーとの食べ合わせ」2019/03/26 21:18
にこ「今日のコーヒーはすっきりね」2019/03/26 20:44
会社帰りにアキバに遊びに行く。途中で道に迷ってる外人グループによく遭遇する2019/03/26 20:33
にこ「コーヒーが美味しいのよね」2019/03/26 20:12