まゆり「あなたは誰ですか?」岡部「……ッ」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542716506/

1 : ◆/CNkusgt9A 2018/11/20(火) 21:21:46.61 ID:TX6juVmuo

※オリキャラ注意  

第一章 反復強迫のエムプーサ 

steins;gate world line 1.048596
2011年夏 未来ガジェット研究所



紅莉栖「――というわけで、私のおかげであんたはこの世界線に居られます」ドヤッ


 この不遜な顔が、こんなにも安心感を与えてくれる。


岡部「……助手風情に助けられてしまうとは、な」

紅莉栖「助手ってゆーな!」


 このやり取りも懐かしい。いや、体感では大した時間は経過していないのだが、もうここへ戻ってくることもないと覚悟していたものだからそう感じてしまう。
 これがシュタインズゲートの選択か。


岡部「フッ。破廉恥な手段を使いおってからに」ニヤリ

紅莉栖「バッ!? そ、それは海馬に強烈な記憶を植え付けるために仕方なくだな!」テレッ

岡部「この俺、狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真のファーストキッスの記憶を書き換えるとは、とんだマッドサイエンティストが居たものだ」ククク

紅莉栖「だあああっ!? い、言うな、バカッ!」






2 : ◆/CNkusgt9A 2018/11/20(火) 21:25:31.48 ID:TX6juVmuo


 なにせ、今の俺の脳内には雑司ヶ谷の駅で見ず知らずの女の子――実際は未来から来たセレセブのはずだが――と出会った記憶がある。
 世界線の再構成なのかは知らないが、アメリカへ行く前の幼い紅莉栖がなぜか池袋にやってきて、なぜかホームでしょぼくれていた少年にキスをしたことになっていた。
 それだけではない。この時の少女、牧瀬紅莉栖こそが鳳凰院凶真の名付け親にまでなってしまった。典型的なタイムパラドックスが発生している気がするが……。
 うむ。考えれば考えるほど意味がわからん。


紅莉栖「それで、ホントに大丈夫なのよね? また意識が別の世界線に跳んだりしてない?」


 ソファーに腰かけた俺を紅莉栖が心配そうな顔で覗き込んでくる。その眉の動き、息遣い、髪の匂い……全てが、俺がこの世界線に居続けることを肯定してくれる。


岡部「まだ時間もそんなに経ってはいないから、ある程度経過観察が必要だろうが――」

岡部「なんというか……すごく、しっくりきている」

紅莉栖「しっくり?」



3 : ◆/CNkusgt9A 2018/11/20(火) 21:27:58.96 ID:TX6juVmuo


岡部「ああ。俺はこの世界線の住人なんだと。この世界線の未来の紅莉栖と、過去でつながっていたのだ、と」

紅莉栖「……そうね。そういうループがあるおかげで、時間移動と世界線漂流をし続けたあんたの主観、意識は、この世界線に固定されているのかもしれない」

紅莉栖「鈴羽さんには感謝しないと……6年後に、ね」


 鈴羽は紅莉栖を現代へ送り届けたあと、未来へ帰ったのか? あるいは、そもそも2036年から過去へ跳ぶ歴史自体が消滅したのだろうか?
 どちらにせよ、結果は変わった。過去を変えずに、記憶を改変して、因果律は成立した。鈴羽にはどの世界線でも助けられているな。


岡部「しかし、自らの魔眼<リーディングシュタイナー>の能力におのが身が否定されようとはな」

紅莉栖「厄介な脳みそをお持ちのようで。でも、もう必要ない」フフ

岡部「……そうだな」フッ



4 : ◆/CNkusgt9A 2018/11/20(火) 21:29:02.94 ID:TX6juVmuo


 そんな話をしていると、ふいにラボの玄関の扉がガチャリと開いた。


まゆり「……あ、オカリンにクリスちゃん」


 ラボメンナンバー002、椎名まゆり。俺がα世界線を脱出する目的そのものだった彼女は、今俺の目の前に居て、動いて、声を出して、生きている。
どことなく、その声に違和感があった。


紅莉栖「ハロー、まゆり。どうしたの? 元気なさそうだけど」

岡部「暑さにやられたか? ドクペなら冷蔵庫の中に冷やしてあるぞ」

まゆり「ううん、ちょっと寝不足なので……す……」クラッ

紅莉栖「うわっとと。大丈夫?」ダキッ


 よろめいたまゆりを紅莉栖が抱き留めた。しかし、あの健康優良児の代表選手が寝不足だと?


岡部「戦利品のアンパッキングで徹夜でもしたか? とりあえずソファーで休め」


 そう言いつつ俺はソファーから立ち上がった。


まゆり「ありがと、オカリン。でもね、ソファーとうーぱクッションに挟まれるとね、たぶん、眠くなっちゃうから……」

紅莉栖「寝てもいいのよ? 私がこのHENTAIから守ってあげる」エヘン

岡部「おい」


 なぜ俺が幼馴染に手を出さねばならん。ここにダルが居たら話がややこしくなっていたことだろう。
 まゆりは決まりが悪そうに小さく首を振った。


まゆり「ううん。あのね……」

まゆり「まゆしぃ、最近怖い夢を見るのです……」




続きを読む

新着画像

注目記事

のび太「マイナーな女キャラを好きになっちゃったよ~!」New!
花子「結衣お姉ちゃん、今日も勉強教えてだし…///」New!
花騎士SS ナズナ「家を買うんですか?」
比企谷八幡「肉ベッキー?」New!
メタビー「ガンプラバトル?」New!
ブリーチの「砕蜂」ちゃんについて知ってること
みちる「将棋やるわよ!」New!
結衣「七森中の怪物!?」New!

新着記事

比企谷八幡「肉ベッキー?」2018/12/16 10:10
のび太「マイナーな女キャラを好きになっちゃったよ~!」2018/12/16 09:42
みちる「将棋やるわよ!」2018/12/16 09:04
メタビー「ガンプラバトル?」2018/12/16 08:35
花子「結衣お姉ちゃん、今日も勉強教えてだし…///」2018/12/16 08:04
結衣「七森中の怪物!?」2018/12/16 07:27
プロ野球100人分の1位「2018スピードボール部門」 カープフランスアがランキング1位!(実況まとめ)2018/12/16 07:00
ブリーチの「砕蜂」ちゃんについて知ってること2018/12/16 07:00
六花「響くん…セッ○スへたすぎ…」2018/12/16 06:56