桃子「誕生日の過ごし方」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1541514771/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)23:32:51 ID:00x
無償の贈り物というのに、周防桃子は慣れてはいなかった。恐らく、それは彼女が育った境遇によるものだろう。
物心ついた時から、彼女は「最高の演技」を求められたし、それに応えてきた。賞賛の言葉であったり、あるいは贈り物であったりというものは、給料と同じように報酬でしかなかった。
だから「誕生日に何が欲しいのか」などという単純な質問にも、こんなにも困惑してしまうのだ。
これが儀礼的なものであったのなら、ここまでは困らなかっただろう。女社会の、とりあえずの作法だということで、無難に高すぎず安すぎないものを言うことで、乗り切ったはずだ。


2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)23:33:45 ID:00x
だが桃子の誕生日が来る前に、桃子は他のアイドルが祝われる姿を見てしまった。
例えばそういう行事には興味がなさそうな人たちでも、何だかんだと好き勝手に祝われていた。ケーキを劇場で焼いてきたり、アーティスティックな作品を作ったり、歌を歌ったり。
表現方法に違いがあれ、彼女らはただ単純に劇場の仲間が生まれて来たことを、心から祝っているだけであった。
だから次の誕生日は桃子だと名指しされた時はどきりとした。身の置き所が無いような気がしたからだ。


3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)23:34:33 ID:00x
撮影現場で聞かれることが無かったわけでもないが、いつも「終わってしまった」と誤魔化していた。
誕生日が嫌いなわけではない。嫌いじゃない。そう、嫌なわけでは、ないのに。
ただどう振る舞えばいいのか分からないのだ。だからみんなが楽しげにはしゃぎ始めると、桃子はそっと輪から外れて、その姿を眺めるのが常になった。
大人を気取って輪に加わらないように見せかけているだけで、誰よりも興味があるのに。
どんな演技だってこなせるつもりなのに、輪の中でどんな風に笑えばいいのか、どんな風に喋ればいいのか分からないのだ。
でもそれでいいと思った。その輪の中にいるだけで充分だった。
その輪の中心に据えられることなんて、思いもしなかった。



続きを読む

新着画像

注目記事

【画像】Sガストさん、満場一致で「こういうのでいいんだよ」な唐揚げ定食を出してしまう
剣心「…薫殿が身籠って早数ヶ月」
一夏「ラウラ、お前のことが好きだ。」 ラウラ「・・・私もだ。」New!
織斑一夏「はあ、男が欲しい……」New!
カープ九里、プロ6年目で初完封!緒方監督べた褒め「今日は九里に尽きる」佐々岡コーチ「自信になる」New!
キョン「ハ、ハ、ハルヒのきーんたま」
もしもイカ娘がうみねこのなく頃にを見たら
ラウラ「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」New!

新着記事

一夏「ラウラ、お前のことが好きだ。」 ラウラ「・・・私もだ。」2019/06/26 08:00
カープ九里、プロ6年目で初完封!緒方監督べた褒め「今日は九里に尽きる」佐々岡コーチ「自信になる」2019/06/26 07:00
ラウラ「もしも一夏が、私にぞっこんだったら!」2019/06/26 07:00
織斑一夏「はあ、男が欲しい……」2019/06/26 06:00
編集「鳥山先生ドラゴンボール打ち切りです」2019/06/26 05:00
もしもイカ娘がうみねこのなく頃にを見たら2019/06/26 04:00
剣心「…薫殿が身籠って早数ヶ月」2019/06/26 03:00
ハルヒ「あんた、今日が何の日か忘れてない?」 キョン「ああん?誰かの誕生日だっけ?」2019/06/26 02:00
【画像】Sガストさん、満場一致で「こういうのでいいんだよ」な唐揚げ定食を出してしまう2019/06/26 01:18