【モバマスSS】 奏「Chapter1」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1500088693/

1 :名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土)12:18:13 ID:b4U


ふと、我に返る。
咄嗟に壁掛け時計を見ると、時針は十時を五分過ぎたところであった。

真夏日がそれなりに顔を覗かせに来た七月。いくら空調が効いているとはいえ、五時間も踊り明かしたレッスンルームには、私一人分の熱、蒸気が圧縮され、頭頂から沸々と湧く汗が髪から頬へと伝い、そして顎の先から一滴の雫となって、ぽたりと落ちた。

あと二十分もしないうちに、事務所は消灯時間を迎える。私は慌ててレッスンルームの照明を落とした。シャワーで汗を洗い落とす時間はないので、レッスンウェアから制服にそのまんま着替え、階段をニ、三段抜かしながら駆け下りる。


2 :名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土)12:19:03 ID:b4U


こんな時間まで居残りで自主練習をしたことなど、今の一度もなかった。プロデューサーが出張で事務所にいない今だからこそ、こんな時間まで居残ることが出来た。普段ならこうはいかない。暗くなると危ないから、ともうニ、三時間は早めに帰宅を促される。

事務所の玄関を潜り抜けた途端、むわあっとした湿気交じりの空気が身を包み、レッスン後の汗に塗れた身体にべたりと纏わりついてくる。もう少し早くに時間の経過に気がついていれば、シャワーを浴びる時間くらいあったのかもしれないと思うと、酷く気分が萎えてくる。


3 :名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土)12:19:59 ID:b4U


そういえば、鏡を見てくるのを忘れた。化粧が汗で落ちているかもしれない。
化粧は薄めの方だけれど、半端に落ちかけたメイクほどみっともない姿はない。私はカバンの中からクレンジングシートを取り出し、軽く顔を撫でた。頬に僅かな清涼を取り戻す。
薄っすらと紅の染みたクレンジングシートをティッシュペーパーで何重にも包み、それをカバンの奥にそっと隠して、事務所を後にした。


4 :名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土)12:21:24 ID:b4U


事務所の前の道は勾配の緩い坂になっていて、そこをしばらく登っていくと丁字路に出る。右手に曲がると、飲食店や商業施設の立ち並んだ目抜き通り。
左に曲がると、アパートや中型のマンションが雑多に佇む錆びた住宅街。最寄駅を目指すのであれば、目抜き通りを道なりに向かえばいい。
しかし、電車に乗るのは憚られた。人ごみを避けたいという理由もあるが、電車内という逃げ場のない状況で、すっぴんの顔を晒すのも、汗だくの姿を見られるも嫌だったからだ。
速水奏という、一人の女として嫌だった。

だったらタクシーを拾って帰ろうか、とも思ったけれど、それもなんとなく気が引けた。

私は丁字路を左に折れ、住宅街方面から歩いて家に帰ることにした。ニ十分も歩けば着くだろう。
鬱積した感情をすり減らしたい気分でもあったので、丁度良かったのかもしれない。



続きを読む

新着画像

注目記事

夢魔『わたしと……イイコト、しよ?』男『!?』
女「一人ですき家に行く」
提督「これより裁判を行う」【安価】
あやめ「P殿は忍の末裔だったというのは真ですか?」New!
女「やめて! ひどいことしないで!」
成人式
従兄から聞いた、数年前の正月の話
今日一番のガチ発言

新着記事

モバP「即堕ち2レス」2019/01/16 15:00
【閲覧注意】職業別の『既婚率』がなんかもう色々と残酷過ぎて見るに耐えない件・・・2019/01/16 14:11
あやめ「P殿は忍の末裔だったというのは真ですか?」2019/01/16 14:00
店内を飾る布とか、季節の小物を自腹で買わされていた。もう無理と思い、退職する時にそれら全部持ち帰ってやった2019/01/16 13:33
モバP「太陽……だとっ!?」2019/01/16 13:00
魔女「できたわ! ゾンビ娘よ!」2019/01/16 12:30
カープ岡田「(宇宙人と言われても)自覚ない、何をもって宇宙人なのか」 広島ホームテレビ「みみよりライブ 5up…2019/01/16 12:00
女「一人ですき家に行く」2019/01/16 12:00
おにぎりを2つ買うときは2019/01/16 12:00