大臣「第三回オフラインハンティングですが…」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435150593/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 21:56:33 ID:/4/uiIl2
勇者「…。」

魔法使い「…。」

僧侶「♪」

戦士「」

側近「…///」

魔王「…ふぅ。」

国王「はぁ…。」

司祭「うぅ…。」

騎士長「グループ内の雰囲気がおかしいです」

大臣「一体何があったんだ…?」

騎士長「わかりませんね…。」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 21:57:28 ID:/4/uiIl2
大臣「勇者と魔法使い、何故お互いに目を逸らしているのだ…?」

勇者「いや…その…。」

魔法使い「大したことじゃないわ…。」

大臣「二人とも、顔が赤いぞ。」

勇者「は、はぁ!?」

魔法使い「そんなことないでしょ!?」

騎士長「大体察しがつきましたな。」

大臣「うむ。」

勇者「ぐぬぬ…。」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 21:57:59 ID:/4/uiIl2
魔法使い「…ねぇ。」

勇者「!」

魔法使い「ちょ、そ、そんな驚かないでよ!」

勇者「な、なんだ?」

魔法使い「勇者は私のこと…どう思ってる?」

勇者「それは…大切な仲間、だな…。」

魔法使い「…そう。」

勇者「俺はその、魔法使いのこと…そういう目で見たことはなかった…。」

魔法使い「でしょうね…。同級生だったのに大して印象なさそうだったし…。」

勇者「す、すまん…。」

魔法使い「別にいいわよ…。あなたは覚えてないみたいだけど、私にとってあなたはヒーローだったんだから。」

勇者「え?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/24(水) 21:58:45 ID:/4/uiIl2
魔法使い「野生の魔物に襲われたとき…助けてくれたじゃない。」

勇者「ああ、助けたよ。」

魔法使い「は!?お、覚えてるの!?」

勇者「まあな。」

魔法使い「それからあなたを意識するようになって…よく一緒に話したわよね。」

勇者「話したな。」

魔法使い「別に私の印象が薄かったわけじゃないのね?」

勇者「幼馴染同然だったよな。前も言ったろ?仲間の中でも特別って。」

魔法使い「久しぶりに再会したとき、反応薄かったじゃない。」

勇者「自然体で話した方がいいかなって。」



続きを読む

新着画像

注目記事

長良型 阿賀野型 夕張型について
にこ「たまには花陽を可愛がってみようかしら……」
【リトバス安価】理樹「マッサージしてくれるの?」来ヶ谷「勿論」New!
にこ「...バイトするしかないか」
海未「ステーキ食べに行きたいんですけど」

新着記事

【リトバス安価】理樹「マッサージしてくれるの?」来ヶ谷「勿論」2019/03/26 02:32
長良型 阿賀野型 夕張型について2019/03/26 01:17
海未「ステーキ食べに行きたいんですけど」2019/03/25 23:00
にこ「...バイトするしかないか」2019/03/25 22:00
俺の事を好きな同僚が勘違いで俺を吹っ切ると言い出したので「俺、結婚しないし、お前は俺のこと好きじゃなかっ…2019/03/25 21:33
にこ「たまには花陽を可愛がってみようかしら……」2019/03/25 21:15
真姫「にこちゃんとお別れするなんてイヤ!!」にこ「真姫ちゃん・・」2019/03/25 20:43
私は見た。愛国心と死ぬこと!2019/03/25 20:33
有紗「あいきゃ~んなにしてるのー?」ギュッ愛香「んー?SS書いてるの~!」2019/03/25 19:51