真姫「花陽と凛と、私の絆」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538972651/

1: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:24:11.94 ID:AFKHueV4
土曜日。

太陽がゆっくりと輝きを増し始めた頃、私は家を出た。

μ'sの練習が休みの今日、花陽と凛と出掛けることになっているのだ。

昨日、練習終わりの談笑タイムにそんな話になった。

私たちの話がどういう風に影響したのか、二年生と三年生もそれぞれ出掛けることになったのだとか。

このすっきりと晴れた空は、普段頑張っている私たちへのプレゼントなのね、きっと。


2: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:25:05.71 ID:AFKHueV4
凛「あっ真姫ちゃーん!おっはよー!」


遠くからそんな声が聞こえたかと思うと、橙色のなにかが、ものすごい速度で私の方へ迫ってくるのが視界に入った。

え、待ってよ…


凛「どーんっ!」

真姫「きゃあっ!…もう凛!危ないじゃない!」


来るとわかっていたのに、その身に宿る有り余る元気にあっさりと押し負けてしまい、危うく転びそうになった。


3: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:25:57.69 ID:AFKHueV4
真姫「あんたは朝から!」

凛「にゃふーん」


私が咎めていることに気付いているのかいないのか、構わず頬擦りしてくる猫を引き剥がすべく奮闘していると、てこてこと花陽も寄ってきた。


花陽「おはよう、真姫ちゃん」

真姫「おはよう花陽。とりあえず、このオレンジ色のやつをどうにかしてくれない?」


4: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:26:54.33 ID:AFKHueV4
花陽「凛ちゃん。そんなに押したら真姫ちゃんが転んじゃうよ」

凛「大丈夫!毎日トレーニングしてるんだから、このくらいじゃびくともしないよ!」

真姫「あんたみたいな運動ばかとは違って、こっちは普通の女子高生なの!そんな強靭な体幹はしてないのよ!」


とは言いつつなんとか耐え抜き、花陽の注意にすら耳を貸す様子のなかった凛を引き剥がすことに成功した。

軽く服の裾を払う。


5: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/10/08(月) 13:27:40.68 ID:AFKHueV4
真姫「まったく…朝から暑苦しいんだから」

凛「えっへへ~」

花陽「凛ちゃん、昨日からすごく楽しみにしてたんだよ。帰り道で真姫ちゃんと別れたあとも、ずっとうきうきしてたの。ね」

凛「うん!だって真姫ちゃんから遊ぼうって誘ってくれたの初めてなんだもん!」

真姫「んな…っ」



続きを読む

新着画像

注目記事

【朗報】なんj、ブリーチを語れる
東芝の営業マンと話した事があるが、会社が潰れそうな理由が分かったNew!

新着記事

東芝の営業マンと話した事があるが、会社が潰れそうな理由が分かった2018/10/22 14:04
幼馴染でクラスメイトな小日向美穂2018/10/22 14:00
俺もうすぐ37歳童貞になるんだけどさ2018/10/22 13:33
【デレマス】デファクトスタンダードの告白2018/10/22 13:00
【広島との日本シリーズ】SB柳田悠岐さん、長年の夢がついに叶うwww2018/10/22 12:00
男「聖夜が今年も」聖夜娘「やってきた!」2018/10/22 12:00
女騎士「食ったら払え」2018/10/22 11:00
ゲイだとカミングアウトしたが、反応が予想よりひどすぎるんだが2018/10/22 10:33
女「究極の愛の形」2018/10/22 10:00