最原終一の事件簿

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519709925/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/27(火) 14:38:45.41 ID:BtYFcBoE0
※このssに出て来るトリックはオリジナルではありません。参考にした作品があります ついでにオリジナルのモブも出て来ます おまけに平和な世界でのお話です それでも良いって人は、楽しんで行ってネ※




真宮寺「……手紙って、良いよネ。今や電話やメールで手間も無く簡単に伝えたいことを伝えられる世の中だけど、手紙にはそれらには無い様々な特徴があるんだ」

真宮寺「どんな便箋を使っているのか? 筆の種類は? その他にも筆圧や推敲の跡、更には紙の状態によって、送り主の感情がはっきりと読み取れる訳なんだよネ。でも、手紙の他の伝達方法には無い一番の特徴と言えば……」

真宮寺「……おっと、失礼。自己紹介が遅れてしまったネ。もしかしたらお会いするのが初めての人も居るだろうから、軽く自己紹介させて貰うヨ」

真宮寺「僕の名前は真宮寺是清。『超高校級の民俗学者』の肩書を持つ高校生で、今は同じ超高校級の才能を持つ子供たちが集まる『才囚学園』と言う高校に通っているヨ。そこで僕は沢山の友達と出会い、充実したスクールライフを送っていると言う訳サ」

真宮寺「さて、こうして君と出会えたのも何かの機会。良ければ僕の話を聞いて行かないかい? いつもは民俗学の話をするんだけど、今回は僕の友達の話を聞いて欲しいんだ」

真宮寺「僕の一番の親友、『超高校級の探偵』こと最原終一くん……今から僕が話すのは、僕が彼と共に巻き込まれたとある事件の話サ。この事件の鍵を握っていたのは、あるメッセージなんだけど……良い機会だ、君に質問してみようか?」

真宮寺「……僕が思う『手紙の一番の特徴』って、何だと思う?」







2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/27(火) 14:39:19.14 ID:BtYFcBoE0


――才囚学園 食堂……

赤松「でね、あのね~!」ワイワイ

最原「あはは! それって本当なの?」クスクス…

真宮寺「やぁ、最原くんに赤松さん。隣、良いかな?」

最原「あ、真宮寺くん! 勿論構わないよ!」

真宮寺「ククク……二人きりの楽しい時間を邪魔しちゃってゴメンネ。でも、寂しさに耐え切れなくってサ……」

赤松「あ、いや、だ、大丈夫だよ! それにほら! 今はクラスの大半が用事で不在だし、真宮寺くんが誰かと一緒にご飯を食べたいって気持ちもわかるもん!」

最原「百田くんも宇宙関連の発表を聞きにアメリカに行ってるみたいだし、他の皆もそれぞれの事情で色んな場所に行ってる。今、才囚学園に残っているクラスメイトと言えば……」

王馬「あ~! 真宮寺ちゃんったら、最原ちゃんと赤松ちゃんのラブラブタイムの邪魔しちゃって~! そんな奴は逮捕だ、逮捕~!」

最原「お、王馬くん!? ら、ラブラブだなんて、そんな……!」カァァ…

真宮寺「……騒がしい人が来たネ」

王馬「にししっ! ゴン太が昆虫発見プロジェクトでアマゾンに行っちゃって暇なんだよ。何か話をしてるなら、俺も混ぜて混ぜて~っ!」

赤松「……なら、最後の一人も呼んで一緒にお喋りしながらご飯を食べようよ! ねえ、春川さん! あなたもこっちに来なよ!」

春川「……遠慮しとく。王馬と仲良く食事だなんて、考えただけでも虫唾が走るもん」

王馬「ありゃ? もしかして俺ってば嫌われちゃってる? うぅ、酷いよ~! 春川ちゃんがそんなに心の冷たい女の子だなんて知って、俺はショックだよ~っ!」ビエーッ!

春川「ウソ泣きをするんじゃない!」

王馬「……ちぇ~、お見通しかぁ……つまんないの~」ブーブー

赤松「ははははは……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/27(火) 14:39:59.23 ID:BtYFcBoE0

――ガチャ、バタン!

真宮寺「おや……? 誰か来たみたいだネ?」

最原「あれは……警察の人?」

警官「……失礼、君は赤松楓だね?」

赤松「え? あ、はい。そうですけど、何か……?」

警官「……君に殺人の容疑が掛かっている。詳しい取り調べの為、署までご同行を願おうか」

赤松「……え? さ、殺人? わ、私が……!?」

警官「そうだ。話を聞かせて貰う為にも、私たちと一緒に……」

最原「ま、待って下さい! 赤松さんに殺人の容疑!? どう言う事ですか!?」

警官「詳しく話す必要は無い。我々が用があるのは赤松楓だけであって……」

王馬「……まあ、ちょっと待ってよおじさん。そこに居るのは『超高校級の探偵』の最原終一だよ? ついでに俺は『超高校級の総統』で、こっちは『超高校級の民俗学者』、あっちには『超高校級の暗殺者』も居るんだ。悪事と考え事に関してはある意味ではプロフェッショナルの高校生たちだよ。そんな俺たちにな~んの説明も無いなんて、ツマラナイ事はしないでよ!」

真宮寺「……王馬くんの言う通り、少しは事情は説明してくれてもよろしいのでは? 少なくとも事件に関わる可能性が高い最原くんには、軽くその殺人事件のあらましを教えた方が捜査に役立つと思いますがネ」

警官「……必要ない。どの道、事件現場はここから随分と離れた場所にある。しかも土砂崩れで車は通行止め、ヘリでもない限りは現場に行く事すら出来ない」

最原「ならなぜ、赤松さんに殺人の容疑がかかっているんですか!? 現場に警察が行けないのなら、捜査だって出来るはずが……」

警官「……警察なら現場にいる。何を隠そう、死体の第一発見者は警察官なんだ」

最原「えっっ!?」

警官「これ以上は説明の必要は無い。さあ、来るんだ!」

赤松「そんな……!? 私、なにもやってません! 殺人だなんて、そんなこと……絶対にやってない!」

警官「そう言った話は署で聞く。ここでもたつく訳にはいかないからな」

赤松「やってません……私、何も知らない! 最原くん、助け……」

――ギィィ……バタン!




続きを読む

新着画像

注目記事

おっさん、突然自宅をソーラーパネルで包囲されるwwwwwwNew!

新着記事

風野灯織「ピーちゃんの色でプロデューサーの状況がわかる……?」2018/09/25 03:00
麗日「ガールズトーク?」2018/09/25 02:00
おっさん、突然自宅をソーラーパネルで包囲されるwwwwww2018/09/25 01:05
【ポケモン】リーリエ「お悩み相談所はじめました」2018/09/25 01:00
【ガルパン】まほ「U-18W杯に向けての選手選考を私が?」2018/09/25 00:14
千歌「よっ!賢い!」愛「可愛い!」絵里「…」2018/09/24 23:00
カープ西川、拙守を猛省 ジョンソンから励ましの言葉「野球はエラーが起こるもの、仕方がない、引きずらないよ…2018/09/24 23:00
ことり「俺くん・・・私と、付き合ってください!」2018/09/24 22:00
母が歌ってくれた思い出の歌は娘に継がれていく2018/09/24 21:33