少女「手をつなごう」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1386498137/

1: HAM ◆HAM/FeZ/c2 2013/12/08(日) 19:22:17 ID:iYqcwHD2
「手をつなごう」

少女はそう言って、右手を差し出した。
ふんわりと柔らかな髪。
白く透き通るような頬。
青く深く光る瞳。

優雅に差し出されたその右手を、少年は不思議そうに見つめた。

(この子は突然、何を言い出すのだろう)

(というか、この子は誰だろう)

少年には、その少女に見覚えがなかった。
こんなに小さな村に、知らない子がいるということが新鮮だった。


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 19:29:13 ID:iYqcwHD2
少年は興味本位で聞いてみた。

「君、見かけない子だね?」

「……」

「引っ越してきたの? 遊びに来たの?」

「……」

少女は口を開かない。
右手はまだ、優雅に差し出されたままだ。


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 19:38:09 ID:iYqcwHD2
少年は少し恥ずかしかったが、そのままレディに右手を硬直させていてはいけないと思い、優しく手を握った。
彼女の村では握手があいさつとして主流なのかもしれなかったし、
少年も女の子と手を握ることに特に抵抗がなかった。

「よろしく、僕は……」

少女はにっこりと笑い、少年の目をじっと観察するように見つめた。
少年の右手を握る右手にも、少し力が込められた。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 19:56:39 ID:iYqcwHD2
「え、えっと……」

少年は少したじろいだ。
握手なんてものは、きゅっと手を握って終わりだと思っていたし、
たまに熱い握手をする男がいるが、もっとぶんぶん手を振って唾を飛ばすのが普通だ。

少女の握手は、それとは違った。
何と言おうか。
静かで、強い。
そんな握手だった。

少年は頬が紅潮していくのが自分でもわかった。
少女の何らかのエネルギーが、つないだ手を伝って流れ込んできたようだ。


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 20:07:58 ID:iYqcwHD2
「あーあいつ、オンナと手つないでやがる!」

レディとの高貴な挨拶を台無しにしてくれたのは、村のガキ大将だった。
そして横にはいつものように、チビですばしっこくて抜け目のない、いわゆる金魚の糞が鎮座していた。

「オンナと手ぇつないでるー」

「だっせえ」

「うひゃひゃひゃ」

少年は、先ほどとは違う頬の紅潮を感じ、急いで手を離した。
言い返したかったが、あいつらに逆らったら明日もっとひどい仕返しをされるだけだ。
少年はぐっとこらえた。
それが大人であると自分を錯覚させ、ぐっとこらえた。



続きを読む

新着画像

注目記事

おっさん、突然自宅をソーラーパネルで包囲されるwwwwwwNew!

新着記事

麗日「ガールズトーク?」2018/09/25 02:00
おっさん、突然自宅をソーラーパネルで包囲されるwwwwww2018/09/25 01:05
【ポケモン】リーリエ「お悩み相談所はじめました」2018/09/25 01:00
【ガルパン】まほ「U-18W杯に向けての選手選考を私が?」2018/09/25 00:14
千歌「よっ!賢い!」愛「可愛い!」絵里「…」2018/09/24 23:00
カープ西川、拙守を猛省 ジョンソンから励ましの言葉「野球はエラーが起こるもの、仕方がない、引きずらないよ…2018/09/24 23:00
ことり「俺くん・・・私と、付き合ってください!」2018/09/24 22:00
母が歌ってくれた思い出の歌は娘に継がれていく2018/09/24 21:33
元電通社員、高橋まつりさん自殺一週間前のツイート2018/09/24 21:01