棟方愛海「交錯公演 めざせポケモンマスター」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534123765/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 10:29:25.78 ID:FDaZik6E0
あたし、棟方愛海が自宅のソファーで寝転ぶ中、つけっぱなしにしていた昼過ぎのテレビからは有名トレーナーのインタビューが流れていた。

『強いポケモン、弱いポケモン。そんなの人の勝手。本当に強いトレーナーなら好きなポケモンで勝てるように頑張るべきゅ(噛んだ……)』

「好きなポケモンかあ」

独り言を呟きながら、読んでいる雑誌のページをめくる。

開いたページでは、おっきいお山を持つ女の子が、ふうせんポケモンのプリンをクッションのように抱きながら上目遣いをしていた。

揉んだらきっととても柔らかいに違いない。

「せっかくなら、プリンみたいに柔らかいポケモンが欲しいよね」

まだ知らない感触を夢見ながら、あたしはページに付箋を貼った。






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 10:31:02.53 ID:FDaZik6E0
ポケットモンスター、縮めてポケモン。

この世界にはポケモンと呼ばれる生物がいたるところに住んでいて、人はポケモンをペットにしたり勝負に使ったりと様々なかたちで共生している。

「といっても、あたしはまだ自分のポケモン持ってないんだけど」

自分のポケモンを持つ年齢に決まりはなく、たいてい住んでいる地域や家庭の慣習で決まる。

なので生まれた時から親に自分のポケモンを貰っている人もいれば、生涯持たない人ももちろんいる。

とはいえ、大半の人は自分のポケモンを持っていて、雑誌に載っていたアンケートによると、10歳ぐらいで初めてポケモンを貰う人が多いらしい。

一部メディアではポケモン所持の低年齢化を危惧する声もあったり……、っとそんな話は置いておいて。

あたしの住むアマミタウンはむしろそんな世論の逆をいき、初めてのポケモンは14歳からという家が一般的だ。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 10:31:43.34 ID:FDaZik6E0
我が家も例に漏れず、まだ13歳なあたしは自分のポケモンを持てずにいる。

「はやくプリンやチルットみたいな柔らかポケモンと触れ合いたいよー」

心の叫びを声に出すも、両親が出掛けて不在な家に応える声はなかった。

こういう時にポケモンがいれば話し相手になってくれるのに。

「今週は快晴な日が続くでしょう」

唯一聞こえてくる人の声がバラエティー番組から天気予報のものへと変わったので、テレビをきって出掛けることにした。

ゴムで髪をまとめ身支度を整えて、お気に入りのポーチを持ったら準備完了。

「行ってきます」

さあ、冒険の始まりだ。なんてね。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 10:32:40.98 ID:FDaZik6E0
『ここはアマミタウン。はるかな空と海を見つめる町』

町の入り口にある掲示板に書かれているように、あたしの住むアマミタウンは海がそばにある。

大きな建物がないので空は広く、ついでに町を出たすぐに山もある。

「これを自然豊かと捉えるか、何もない田舎と捉えるかは人によるよね」

ちなみにあたしは後者。

山に行けばふわふわしたポケモンがいっぱいいて魅力的だけど、可愛い女の子とポケモンがたくさん見られる都会の方が、あたしは好きだ。

大人はともかく、子供はみんなそういうものでしょ。

あ、でも釣りが好きなあの子は、いつでも釣りができて嬉しいと言ってたっけ。

「おっと、噂をすれば」

家を出て数分、海が見えると同時に、見慣れた後ろ姿が見えてきた。

堤防で釣りをする青髪の少女に声をかける。

「やっほう、七海ちゃん。釣れてる?」

「おはよう愛海ちゃん。ぼちぼちれすね」

この子は浅利七海ちゃん。

あたしと同い年で、お魚や釣りが大好きな幼馴染だ。

海辺を歩いていれば、ほぼ毎日釣りをしている姿を見ることができる。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 10:33:57.27 ID:FDaZik6E0
「お出かけれすか?」

「うん。ちょっと山にね」

今日は天気がいいから、山で野生のポケモンと触れ合ってくる予定だ。

そんなあたしに七海ちゃんは悪戯な笑みを浮かべる。

「また怒られるれすよー」

まだ自分のポケモンを持っていない子供は、山に入ることを大人達から禁止されている。

野生のポケモンに襲われたら大変だから、という配慮らしい。

「大丈夫だよ。だいたい町を出てすぐにある、オタチやハネッコぐらいしかいない山が危ないわけないし」

あたしはそんなルールを破る常習犯で、野生のポケモンのもふもふを堪能するために何度となく山に入り、バレるたびに親に怒られている。

めげないけどね!

七海ちゃんもそんなあたしをよく知っているので、本気で止めたりしない。

「それに初めてのポケモンをどの子にするか、しっかり揉み比べておかないと」

「愛海ちゃんの誕生日まで、あと一週間れすもんね。羨ましいれす」

「えへへ」

そう、一週間後の8月1日はあたしの14歳の誕生日だ。

自分のポケモンを持ってよくなることを意味する。




続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

イヴ「スヴェン、禁煙しよ」2018/08/16 03:38
岡部「安価で比屋定真帆と親しくなる」2018/08/16 03:00
【艦これ】提督「大鳳にあこがれて提督になった」2018/08/16 02:11
【艦これ】墓前の瑞鶴2018/08/16 01:38
俺「焼き鳥2本」 店員「5本からお願いしています」 俺「2本で良いから」2018/08/16 00:49
花丸「あ、あのルビィちゃん、マルと縁をもどして」2018/08/15 23:00
【カープ試合結果】広6-4神[2018/8/15] 丸2適時打&押し出しの3打点!鈴木2ラン!會澤ソロ!九里5回2失点で6勝…2018/08/15 22:10
鞠莉「餌付けするわ!」2018/08/15 22:00
糖尿病を患ってて、目が見えなかったばあちゃん。もう、声だけじゃ私だってわからなくなっていた。2018/08/15 21:33