小日向美穂「神様にはセンチメンタルなんて感情はない」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524575955/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/24(火) 22:19:15.84 ID:WQSNhX7B0
うづみほです





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/24(火) 22:20:59.64 ID:WQSNhX7B0
たぶん物語の始まりには色んなきっかけがあって、それはもしかすると楽屋でキャンディ爆弾を一緒に食べたのが最初だったかもしれないし、もう少し遡れば彼女とユニットを組んだあの瞬間からかもしれなくて、でも究極的には宇宙が誕生したことがすべての始まりなので、私と卯月ちゃんの関係はじつは138億年前からすでに決まっていたことなのかもしれなかった。

だけど私たちはまだ地球に生まれて17年しか経ってなくて、実際のところ私がなぜ卯月ちゃんを「お姉ちゃん」と呼ぶようになったのか、その理由を説明するのはそんなに難しいことじゃないと思う。

べつに姉妹ごっこがしたかったわけじゃないけど……でも、なんだかそうなってしまったのだ。
とりあえず、今のところは。



星があまりにも高い場所にあったから、ベランダから落ちそうになった。
背中から「寒いよー」という声が聞こえた。

「外、きもちいいよ」

「寒いよ、夜だよ」

「ごめんね」

薄明かりの部屋のベッドで卯月ちゃんが頭まですっぽり毛布にくるまったのを見て、私はべランダの窓をしめた。
ヨレヨレのパジャマが夜風に吹かれて肌が少しさみしい。
歌でも歌いたい気分だったけど、またお姉ちゃんに叱られるから私は口をとがらせて夜空を見上げる。


この宇宙のどこかには、星ひとつをまるごとキャンディにしてしまうという恐ろしいキャンディ爆弾が今も飛び続けている。
むかし流行ったCMの歌の話。


♪~Do you have a candy?

…… a candy bomb!

”だけど気をつけるんだよ。この中にひとつ、食べてはいけないキャンディが混じっている……”

”それを食べると一体どうなるっていうの?”

”キャンディ星人になってしまうのさ……この僕のようにね!”

(悲鳴)


なつかしいなあ。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/24(火) 22:21:43.26 ID:WQSNhX7B0
私たちの住んでいるマンションは小高い丘の上に建っていて、周囲にはこれより背の高い建物はない。

というか、ベランダのある方角には田んぼが広がっていたりする。
大きな川も流れてるし、マンションの周りがそもそも雑木林になっている。
そこだけ見ればちょっと田舎っぽい。
でも反対側(つまり田んぼじゃない方角)には民家もビルもひしめいているから、要するに都会の一番外側なのだ。

ここは。


私が卯月ちゃんのことを「お姉ちゃん」と呼ぶのは2人きりの時だけで、人前では普通に名前で呼び合っている。
だから私たちが姉妹だということは他の人には知られていない。

ちなみに卯月ちゃんは2人きりの時、私を「美穂」と呼び捨てにする。
まあ妹だから当然だよね。
でもどうして私が妹なんだろう? 
同い年なのに。

はっきり言って、卯月ちゃんはちょっとだらしないところがある。
彼女の部屋の散らかし方はもはや職人技と言ってもいいほどで、洗濯物は溜め込むし、休みの日はパジャマで一日中過ごしたりする。
私のコップとか食器を平気で使うし、寝相も場合によってはそうとうひどい。

「お姉ちゃんっていうのはね、そういうものなの」

「そうかな~っ?」

私がそう言って文句をつけると、卯月ちゃんはむっとして言う。
「妹がお姉ちゃんに逆らうなんて、生意気です!」

私のお姉ちゃんは、怒っても全然こわくないのだ。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/24(火) 22:22:47.24 ID:WQSNhX7B0
寒くなってきたので部屋に戻った。

カーテンの隙間から漏れる星明かりをたよりに、そろりそろりとベッドにもぐりこむ。

「眠れないの?」

すぐ横の暗闇から声がして、じーっと目を凝らすとお姉ちゃんがぼんやり私の方を見ているのが分かった。

「起こしちゃったね」

「いま何時?」

「ん~、たぶん1時くらい」

「手、冷たいよ。大丈夫?」

お姉ちゃんの温かい手が私の手を握って、それから布団をもぞもぞ動かして2人でくっついて丸まった。

「ね。今頃はさ……」

と言い出したのは私。

「もう一人のお姉ちゃんは、寒いのがヤだからって南の国に遊びに行ってたりするのかな」

「どうかなあ。お母さんか美穂がいないところで生活できるかな、私?」

「むずかしそうだね」

お姉ちゃんは世界に無数に存在するもう一人のお姉ちゃんについてあまり関心を持たない。
私はけっこう、気になるんだけどな。
私たちがこうやって姉妹で一緒に暮らせるのも、卯月ちゃんが宇宙のあらゆる時空に偏在しているおかげなのだ。

ある種の信心深い人たちによれば、卯月ちゃんはいま神様に一番近いところにいるらしい。
でも、神様とは違うんだって。

じゃあ、天使?
そう言う人もたくさんいる。
確かにお姉ちゃんの笑顔は天使みたいにかわいい時があるけど、それは比喩的な意味の天使であって、私は必ずしもお姉ちゃんがからっぽの存在になってしまった事について天使と言いたいわけじゃない。

だって、それじゃまるで死んだ人みたい。
卯月ちゃんは天使である前に私のお姉ちゃんなんだから。



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

「ちゅ~するの~」八幡「やめて」2018/08/20 04:00
(安価)八幡「雪ノ下をとにかくいじめる」2018/08/20 03:00
【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」2018/08/20 02:00
サトシ「ポケット・モンスターハンターオンラインだって!?」2018/08/20 01:00
カーチャンがリース契約の車で事故起こして全損させたんだがどーすんのこれ2018/08/20 00:51
【艦これ】提督「加賀が警察に捕まっただと!?」2018/08/20 00:12
絵里「雨の日のコーヒー」にこ「二杯目」2018/08/19 22:59
【カープ試合結果】広9-7De[2018/8/19] 丸先制2ラン&適時打!田中2点打&犠飛!鈴木&松山&西川適時打!投手7…2018/08/19 22:18
絵里「変わりたい私」2018/08/19 22:00