男「思い出消し屋、か」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366811318/

1 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 22:48:38 ID:qwRImjXc

このSSは

男「思い出消し屋……?」

の続編的なものです。
適当にググってくださればまとめが出てくると思いますのでよろしければご一読下さい。


3 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:04:56 ID:qwRImjXc

――かん、かん、かん。

 剥げた塗装から錆が覗く屋外階段を登るのは、どうも慣れない。
 幾度と無く錆を踏んではいる。しかし時々、みしり、と嫌な音がする度に、耳の奥から脳に走る怖気を抑えられないのだ。

 それでも俺が登るのは、このビルのある一室に用があるから。
 より正確に言えば――自称、そこに巣食う生物に会いに行くため。

 彼女は自らの事を、ひとでなしだの人外だの化け物だのと言う。
 確かにまあ、人間ではない。となれば人外であり、他に類を見ない特性を持っているので化け物といってもいいだろう。

 大した問題でも無いだろう、と言ったかつての彼女は笑っていた。
 当時の俺は呆気にとられていたが、今なら一緒に笑えるだろう。

――かん、かん、かん、と。

 ビルの三階までたどり着くと、ちいさな影が一つ。
 俺を直ぐに見つけて、にやりと笑みを浮かべる。

少女「おや、男じゃあないか」

 そう、彼女が何かなんてどうでもいい。
 だって、彼女はこんなにも愛おしい。


4 : ◆wKJ4P6pC3k 2013/04/24(水) 23:17:09 ID:qwRImjXc

男「よう、少女。ちょっと相談事があってね」

 言いながら、ゆっくりと歩み寄る。駆け出して抱きしめてもいいのだが、体格の差を考えるとそれは遠慮したい。
 自分より一回りも二回りも大きい男が駆け寄ってきたら、相手が誰であれ怖いだろう。

少女「ほう、相談事か。小卒の私にか。恥を知れ」にやにや

 ……最も、彼女にそんな気遣いは無用かもしれないが、まあ、念のため。

男「思いつく限り、お前しか相談相手がいないんだ。餅は餅屋とも言うし」

少女「……ふむ、まあ話は中で聞こうじゃないか」

男「あと会いたくなったから」

少女「なっ!? ……む、無駄口叩かずさっさと入れ」

 何度見ても、狼狽する彼女の姿は可愛らしい。
 まあ本来は相談に来たのであって、惚気ている場合ではないのだが。



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

ユッキー「僕の最高の友達」2018/07/20 00:12
真姫「できたわ!幼女化できる薬よ!」2018/07/19 23:00
カープ松山は今年首位打者取れんかね?2018/07/19 22:00
ことり「絵里ちゃんはずるいの」2018/07/19 22:00
もし片腕片足だけしかない女の子に告白されたとして2018/07/19 21:33
【悲報】クーラー、要らなかったwwwwww2018/07/19 21:04
ことり「海未ちゃんと海の日」2018/07/19 21:00
《カーチャンの七不思議》2018/07/19 20:33
善子「めんどくさいなぁ」ルビィ「そゆとこある!」2018/07/19 20:00