名将ベンゲル、批判浴びる教え子のエジルを擁護…「完全な自由を得ていなかった」

続きを読む
はてなブックマークに追加
ドイツ代表はロシア・ワールドカップ(W杯)で同国史上初の1次リーグ敗退となり、失意のまま大会を後にした。低調なパフォーマンスに終わった10番のMFメスト・エジルに対しては厳しい批判が続いているが、今季までアーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏は、「ドイツ代表の中でハンドブレーキをかけながらプレーしていた」と教え子を擁護した。

ドイツはグループFでメキシコ、スウェーデン、韓国と同居したが、グループリーグ初戦でメキシコに0-1で敗れると、最終戦でも韓国に0-2と黒星を喫して無念の敗退となった。司令塔のエジルは2試合に出場するも、チームを勝利に導けず、ドイツ国内から「最高のプレーからは程遠かった」などと批判が集中している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00121028-soccermzw-socc
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

【デレマスSS】乃々「部屋からPさんと着衣の乱れた美優さんが出てきたんですけど」2018/09/24 14:00
糖尿病で入院していた祖父が急に帰ってきた。特に何もせず病院を抜け出してきた祖父を怒鳴る私の顔を見てニコニ…2018/09/24 13:33
【悲報】変態セブン、もう潰れる2018/09/24 13:23
【モバマス】晶葉「助手に抱っこされてみたい……!」2018/09/24 13:00
大臣「貴様のような者が姫様に釣り合う訳がなかろう!」2018/09/24 12:00
広島マジック「1」!本日カープ勝利またはヤクルト敗戦または共に引分けのいずれかで広島カープの優勝決定!2018/09/24 11:11
巫女「口裂け女と花子さん」2018/09/24 11:00
親の介護は辛い。施設に入って楽になるかと思ったらもっと辛い。会いに行くのも会わないのも辛い2018/09/24 10:33
男「やること終わった!」2018/09/24 10:00