幼馴染「叶わぬ夢」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393940904/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/04(火) 22:48:24 ID:0O71LnaM

俺には幼馴染がいた。とびっきりの美人でモテていた。
あいつが小学5年生を越えたあたりから、男子は彼女に夢中だった。

毎日一緒に登校していた。
小学校っていうのはグループ登校で、一緒にいたかったわけじゃなかった。

あいつは俺のことなんてお構いなしに、マシンガントークを繰り広げているような娘だった。

あいつは、どんな人とでも仲良くなれた。
とにかく顔が広くて、どこへ行くにも常に一緒にいる人がいた。

母親同士、とても仲が良くって一緒に夕ご飯を食べることが多かった。
食べ終わるとお互いの部屋で一緒に遊んでいた。

あいつとは、話が合わなかった。
趣味が異なり、好みもバラバラ。
よく今まで、一緒にいられたものだと感心するくらい。

一緒にいたかったわけではなかった。

あいつといると、俺がダメなやつだと周りから責められるようだった。


2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/04(火) 22:50:07 ID:0O71LnaM

放課後を知らせるチャイムが鳴った。
「早く行こうよ」彼女はそう言った。
俺たちは映画を見に行く約束をしていた。
見る映画は「アイアンマン」

俺がとにかく好きで、彼女は興味がなさそうだったけれど、
「君が見たいんでしょ?なら見に行こうよ。今度は私の番だから」といって
付き合ってくれた。

上映が終わると彼女ははしゃいでいた。
「なにあのスーツ!!」
彼女は男のロマンがわかるやつだった。


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/04(火) 22:51:02 ID:0O71LnaM

彼女はちょっとお高いハンバーガーショップへ行きたがった。

彼女はあのお店のクラムチャウダーが好きなんだ。

彼女はアサリが好物だと言っていた。

「次はどんな映画を見ようか」俺は彼女に尋ねた。

彼女はしばらく考えていたけれど、ちょっとためらうように
「君の家に行ってもいい?」そう答えた。

「何を見るつもりなの?」俺は映画のことしか頭にないんだろうか。

彼女はあきれたように俺を見つめていた。

俺は目をそらした。額に汗がにじんでいた。


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/04(火) 22:51:57 ID:0O71LnaM

土曜日になり、彼女は予告通り俺の家にやってきた。

「今日見ようと思っているのはこれです。」
そう言って、彼女は「ロメオとジュリエット」をとりだした。

俺たちはいい雰囲気だった。

俺たちは映画館で映画を見ることをやめ、レンタルショップでDVDを借りてくるようになった。

俺たちは、毎日のように映画を見ていた。

でも、映画を見ている人間なんていなかった。



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

八幡「桃太郎」2018/08/18 03:25
サラ「あなたたちと、世界中の空が見たくて」2018/08/18 02:44
最原終一の事件簿2018/08/18 02:06
まどか「私、パチスロ系YouTuberになる」2018/08/18 01:26
尾畠春夫さんのとんでもねえ過去映像が発掘されてしまったわけだが2018/08/18 00:47
曜「私ね・・梨子ちゃんのことだーーーーーーーーい嫌い!!」梨子「ふふ♪私もよ」2018/08/17 23:00
鞠莉「ダイヤが嘘つきすぎてホクロとれた」2018/08/17 22:00
生きようとする人は、たとえどんな状況になっても幸せだと思うよ。2018/08/17 21:33
【カープ試合結果】広5-7De[2018/8/17] 先発野村7回まで1失点好投も8回途中満塁で降板 直後一岡3者連続弾浴び…2018/08/17 21:10