岡崎慎司、無得点に終わるも…黒子役に徹したことは「チームを助けるためのもの」

続きを読む
はてなブックマークに追加
日本代表FW岡崎慎司は、前線の4人で上手くプレスを掛けられたことが逆転勝利につながったと話した。

12日に行われたワールドカップ前最後の国際親善試合に臨んだ日本代表はパラグアイと対戦。この試合に先発で出場した岡崎は、得点こそなかったものの、74分に交代するまで果敢に相手ディフェンスにプレスをかけ続け、4-2の逆転勝利に貢献した。

試合後、岡崎はインタビューで、香川真司、乾貴士、武藤嘉紀の4人で前線から上手くプレスを掛けられたことに「チームとして話し合いはできていて、良い守備も見せることができていた」と前線からの連動したプレスが守備の安定につながったと評価。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010019-goal-socc
続きを読む

新着画像

注目記事

運転手さん「高速道路の入り口どこや・・・お、あそこか!」 ブロロロロ

新着記事

凛「ラジオをやってみよう」希「の巻」2018/10/18 20:00
嫁が元ソープ嬢だった事が判明したんだが慰めてくれ2018/10/18 19:40
かわいいかわいいかわいい私の妹。2018/10/18 19:33
絵里「スシ食べに行きましょ」海未「いいですよ」2018/10/18 19:00
あのひとじゃなくて「おかあさん」がほしい2018/10/18 18:33
喜多見柚「それなりに頑張る」2018/10/18 18:00
妻が安定剤の過剰服用で自殺未遂した。助かってくれ……!たのむ!2018/10/18 17:33
岡崎泰葉のもぐもぐやすは第8回・最終回2018/10/18 17:00
【公示/広島】ジョンソンを一軍登録 本日CS2戦目先発2018/10/18 17:00