リボンに願い込めるValentine【ミリマス】

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799103/

1: ◆dwiL9FlWN. 2018/05/20(日) 15:51:43.55 ID:P2hx7BeN0
オリ女性Pと百瀬莉緒の百合です。
オリ女性Pメインなので、無理な人はブラバどぞ。





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 15:54:16.36 ID:P2hx7BeN0
お菓子が好き、それもとびきり甘いものが。 甘くて歯がとろけてしまいそうなチョコレートなんて大好物。

だからデスクの引き出しには常にお菓子を用意している。 キャビネットの上から2番目は私のお気に入りのスペース。

もちろん地味で暗い私にはキラキラしたお菓子なんて似合わないことは知ってる。 だから人前ではお菓子は食べないようにしてる。 サボってるって思われるのも嫌だし。

「はむ」

包み紙を開けチョコレートを一口…… そう言えばもうすぐ世間の色めき立つ1年に1度のイベントの日だっけ。

今まで自分には無縁のイベントだったけど、お仕事上今年は嫌でも向き合わなければならない。 事務所のみんなにチョコを送らなきゃ。

もちろん私はチョコレートを手作りなんて出来ないし、作る時間も無いから市販品をその辺のデパートの地下で買うだけだけど。

流石にみんなも私がチョコの作り方を知ってるとは思ってないようで、誰も私にチョコの作り方を聞いてくることは無かった。 それで正解。

「はむ」

チョコを二口目、頭の中に色々なチョコレートを思い浮かべていると何だか少し幸せな気持ちになってくる。 やっぱり甘いものは好き。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 15:55:00.00 ID:P2hx7BeN0
「あら、やっぱり今日も残業?」

ドアの開く音と共に聞こえる色香を帯びた声。 その声は私の心を跳ねさせる。 きゅんって、ぴょこんって、およそ私に似つかわしくない音が私の中から聞こえた。

振り返れない。 振り返ったらこの心音がバレちゃうから。 だから私は急いで手元のチョコレートを膝上に隠した。 弱い私の、ほんの些細な抵抗。

「百瀬さんはどうしてここに?」

平静を装うのは慣れている。 落ち着いて、普段通り普段通り。

「ふふ、また今日もキミは頑張ってるんじゃないかって思ってね」

「頑張ってなんて……」

「十分頑張ってるわよ」

誉められて喜ぶほど子どもじゃないつもりだった。 それでも百瀬さんに誉めてもらうとそれはもう特別で、全てを赦してもらったような気持ちになってしまう。


5: >>4 修正 2018/05/20(日) 15:57:56.41 ID:P2hx7BeN0
「疲れてるでしょ? 甘いものとか食べた方がいいわよ」

そう言って莉緒さんが取り出したのはキラキラした彼女に相応しいソフトキャンディ。

ただのお菓子、それはそうなんだけど彼女から差し出されたそれは私にとって特別なものに思える。

「あ、ありがとうございます……」

「あっ、もしかして甘いもの苦手だったりする?」

「いえ…… そんなことは」

「良かった。 貴女って何だか甘いものより酸っぱいものとか好きそうじゃない?」

やはり他の人からはそう見えてるのか……



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

記者「野党のスキャンダルを掴みました!」上司「ボツだ」2018/06/19 10:49
俺のかわいい嫁の話をする2018/06/19 10:33
【安価】女勇者「敗北、そして隷属」2018/06/19 10:15
翼「銀河なんて小さかったですね、美希先輩」2018/06/19 09:38
【ミリマス】彼女はその手を繋ぎたい2018/06/19 08:51
伊織「アイドルたちがエセ科学に騙されているわ!」2018/06/19 06:00
サスケ「戦争が終わった」2018/06/19 05:00
結衣「ゆいゆいにっき!」八幡「え?」2018/06/19 04:12
八幡「由比ヶ浜と付き合う…のか?」2018/06/19 03:33