八幡「やはり俺の三学期はまちがっている」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407042570/

1: sabanomisoni 2014/08/03(日) 14:09:40.78 ID:kh9w3K7m0
 自分の中の正義と社会の正義、どちらに従うべきかという話がある。
前者に従えば他人に迷惑をかけてしまうかもしれないし、周りから
白い目で見られる可能性が高い。
よって、多くの人は後者に従う。理不尽だと思うことに対しても、
それが社会の常識だと言われれば納得してしまう、いや、納得するふりをする。
自分の中の正義を押し殺して、他人に合わせる。もう自分の正義など持っていないという
人もいるかもしれない。
皆他人に対して、自分に対して嘘をつきながら生きていく。
中には自分の正義を貫いて「偉人」とよばれるまでになった人もいるが、そんなのはごくまれに起こる例外だ。
すなわち、社会の中で生きるということは、嘘の中に生きるということと同義なのである。

しかし、これがぼっちの場合になるとすべてが逆転する。
自分の中の正義に従ったってそもそも他人に関わらないので迷惑もかけない。
周囲に白い目で見られるどころか眼中に入りさえもしない。何それ悲しい。
とにかく、ぼっちというのは、自分の正義に従って生きることのできる、
自由かつ誠実な生き物で、その生き方は偉人と呼ばれる人たちのそれと同じだ。
つまり、ぼっち=偉人という方程式ができあがってしまうのだ。
そうとなると、ぼっちのなかのぼっちたる俺は、偉人の中の偉人ということになる。
なんだ、おれ最強じゃん。こんな100年に1人の逸材の俺には、過度の罵倒や、
暴力行使をやめるべきである。やめてくれないかなぁ。






2: sabanomisoni 2014/08/03(日) 14:13:02.31 ID:kh9w3K7m0
3学期が始まって2週間が経過した。

テレビではどこかの町の積雪量が過去最高などと騒いだりしているが、
教室のなかは暖房が効いていて、ぽかぽかお昼寝日和といったところだ。

今の授業科目は数学なので、寝たふりをしながらまたどうでもいい考え事をしていたが、
暖かさに負けてそのまま寝てしまった。

しばらく寝ていると、「・・ちまん、八幡!」と俺を呼ぶ声がする。

俺のことを下の名前で呼ぶやつは俺の知る限りでは2人しかいない。

ルミルミと愛しの戸塚だけである。(材木座?ナニソレハチマンヨクワカンナイ)

となれば教室にいるのは戸塚だけなので、必然的にこの声の主は戸塚ということになる。

しかし、それにしては声が高い。戸塚も男子の割にはこえが高いが、そのさらに一段上という感じがする。
疑問に思いながらも顔を上げてみると、そこには由比ヶ浜がいた。

「ヒッキーやっと起きた!もう、何回も呼んでるんだからさっさと起きてよね!」

「おう。悪い、それより戸塚に呼ばれた気がしたんだが。」

「へ?、さいちゃんならいま教室にはいないけど。お手洗いじゃないかな」

「……もしやとは思うが、さっき俺の名前を呼んだのはお前か?」

「う、うん……」

言いながら、頬を赤く染める由比ヶ浜。おい、自分からやったんならそんなに恥ずかしがるなよ。こっちまで恥ずかしくなってくるだろうが。

「男の名前を気安く呼ぶなよ、このビッチが!」

「な!ビッチってなんだし!だってヒッキーって呼んでもたまに反応してくれないんだもん!さいちゃんが名前呼んだら絶対反応するからそれの真似しただけだし…」

最初は威勢よくつっこんだ由比ヶ浜であるが、だんだんと尻すぼみになっていく。
どうでもいいけどつっこみはもっと穏やかにしてくれませんかね。さっきからふたつの夢の塊がたゆんたゆんゆれてるんですが…



4: sabanomisoni 2014/08/03(日) 14:17:39.16 ID:kh9w3K7m0
「とにかく、これからは、下の名前で呼ぶのはやめろ。さもないとまたビッチよばわりするぞ。」

「だからビッチ言うなし!…ヒッキーはさ、あたしに名前で呼ばれるの、いや?」

由比ヶ浜が目を若干潤ませながら聞いてくる。やめろその目、おれのわずかにある良心が痛んじゃうだろうが。

「ああ、戸塚専用だからな。戸塚以外が呼ぶことは許さん。」

「どんだけさいちゃんのこと好きなんだし…じゃあヒッキーって呼んでも絶対反応してよね!」

「…善処する」

「絶対だからね!」

そう言って足早に自分の席に戻っていく。

こんな風に、由比ヶ浜と長時間教室の中で話すというのは、3学期に入ってからはもう珍しくなくなってしまった。

最初に話しかけてきたときには、向こうも緊張していたのか、話す言葉もぎこちなかったが、
今では部室にいるときと同じような感覚で話している。

俺は、最初の3日ぐらいは由比ヶ浜に俺と教室で話すリスクをしつこく説明していたのだが、由比ヶ浜は気にしないの1点張りだった。なのでもう俺も諦めてしまった。

いや、本当は諦めるべきではないのだろうが、今のこの状況を心地いいと感じてしまっている以上、やる気もこれ以上起きなかった。

ま、いざとなったら俺が由比ヶ浜を脅していることにすればいいし、由比ヶ浜も三浦がトイレに行ったり寝てたり葉山と話し込んでいるときだけ来ているようだし、

このままとりあえずは現状維持ということで様子を見ている。

幸い三浦達は俺と由比ヶ浜がはなすことについては反対していないようだ。

俺はあれこれ考えながら次の授業の準備をする。

次の授業は平塚先生の現代文だ。そのことをわかってて由比ヶ浜も起こしに来てくれたのだろう。


そして、今日の昼休み、考えもしなかった出来事が起きた。




続きを読む

新着画像

注目記事

ケンタッキーが赤字らしいから初めて食いに行った結果wwwwwwwww

新着記事

【デレマスSS】七海「グラタン」仁奈「お子様ランチ」沙理奈「ミックスグリル」2018/09/25 18:00
父親が借金を残したまま失踪。母兄俺妹の4人で生活してた。2018/09/25 17:33
ちひろ「え、風邪ですか!?」輝子「……フヒ?」2018/09/25 17:00
【公示/広島】V目前で安部が緊急昇格!堂林を抹消2018/09/25 17:00
美波「ロシアンたこ焼き」夕美「対決だね」文香「…」クワ-2018/09/25 16:00
カープ野間のシーズン規定達成を応援するスレ2018/09/25 15:00
モバP「なんか最近秋っぽくなってきたよな」渋谷凛「まぁ、うん。そうだね」2018/09/25 15:00
藤居朋「ねえ、お腹空かない?」2018/09/25 14:00
【画像】太平洋戦争の写真ってモノクロじゃん?2018/09/25 13:33