弟「ヘタレな兄が夜這ってきたけどヘタレだった」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1413363850/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:04:10 ID:r/oOFIvI

日暮れをとっくに過ぎた夜半の事だった。

野鳥も昆虫も草木も寝静まった深い夜に
弟を眠りから目覚めさせたものがあった。

「なにごと」

眠気で重い身体を起こした。部屋は暗い。
目を細めて闇の中を探った。

鈍った五感に意識を集中させる。
感覚が研ぎ澄まされて鋭敏になった。


2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:04:47 ID:r/oOFIvI

水深一万メートルの深海に潜った気分だった。
遥か遠くに水面のざわめきを感じた。

弟は永久の無音で息をひそめ続けた。
魚が背びれ、尾ビレで掻きわけて生んだ水の流れ。

穏やかな水流に乗った海藻が僅かに息づく気配。
いかなる生物もその場に留まるだけで空間に影響を与える。

なるほど。なるほど、と弟は理解した。
視野を極端に狭める暗黒に隠れる生き物を見つけた。

弟は口の端を歪めて静かに笑顔を浮かべた。

その微笑は音のない世界に向けてではなく、
闇に擬態し損ねた憐れな動物に見せてだった。


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:05:19 ID:r/oOFIvI

「兄よ。この時間だぞ」

水の流れが大きく動いた。

勢いに押された海草がたじろぐ。

三分も待てば闇夜に塗りつぶされた室内から
ようやくまともな呼吸音が聞こえてきた。

酸素を欲しがる苦しげな息遣いだった。

「すまない。気の迷いだ」

後に続く許してくれという言葉は小さかった。
戦意を削がれた兄が明確に体の向きを変える気配がした。

しかし弟は逃さなかった。獲物の尾っぽを捕まえていた。


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:05:48 ID:11u66cHk

優位にあるのは、体格が小さく非力な弟の方だった。

罪の意識に委縮する兄を、さらにみっつの言葉で脅した。

「このまま帰ってしまえば後悔する」
「兄も僕も今晩のすれ違いを必ず悔やむ」
「なにも言わずに出ていってしまえば、怖れる明日が来る」

光から隔絶された洞穴は、
再び水深一万メートルの圧倒的な深海の闇に戻った。

魚はヒレを動かして滞留を選んだ。
体を傾けていた海藻が頭をもたげて正しく揺れ始めた。


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:06:29 ID:11u66cHk

「よくないことをしようとした。とてもよくないことを」

「そのよくないこととはなんだ」

「聞かないでくれ。今ならあやまちを犯さずにすむ」

ふたりの間を流れる水が圧縮されて固く重たくなった。

自らの足で領海におもむき、弟の安息に踏み込んだ兄が、
自らの意思で間違いがあったことを認めて退去を選んでいる。

よくないこととはなんだ、と尋ねるのは愚問だった。

野鳥も昆虫も草木も寝静まった夜半に
一匹の雄が一匹の雄の寝床に近寄る。



続きを読む

新着画像

注目記事

刃牙道で面白かったところ
テレ朝の記者、美人すぎんだろwwwwwwwwwNew!

新着記事

【モバマス】響子「混ぜる」ほたる「混ざる」2018/04/21 14:40
漫画主人公「作者に頼まれて名言を生み出すことになった」2018/04/21 14:12
テレ朝の記者、美人すぎんだろwwwwwwwww2018/04/21 14:06
失くした星2018/04/21 13:49
祖父が死ぬ瞬間、一人にしてしまったという気持ちがどうにも離れない2018/04/21 13:33
朝ドラ『半分、青い。』18話感想まとめ2018/04/21 12:42
『宮本から君へ』3話感想まとめ2018/04/21 11:49
魔女「あたしにゃ孫なんていないよ」2018/04/21 11:40
『孤独のグルメ Season7』3話感想まとめ2018/04/21 11:11