【モバマス】みく「みくは陽だまりの中で」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519401188/

1: ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:53:08.34 ID:d89W1gDH0
カウントからせーので、息を読み合って。





2: ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:53:39.15 ID:d89W1gDH0
 公園のベンチに腰掛け、さくらラテを一口。
 前川みくはほう、と息を吐く。温められた吐息が、白いもやになって消えていく。
 まだ寒い。寒いけれど、日が沈むのは遅くなったし、春物も店頭に並ぶようになった。
 春はゆっくりと近づいていく。それがみくは嬉しかった。
 冬は、あまり好きではない。
 東京の人は冷たい、なんて言うつもりはないけれど。
 誰も自分に関心をもたない、凍えるような寒さを、みくはよくわかっていた。
 だから、寒いのは苦手だった。苦手になってしまっていた。


3: ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:54:33.10 ID:d89W1gDH0
 前川みくはかつて、「猫の手アイドル」と呼ばれていた。
 特定のプロダクションと正規の契約を結ぶことをせず、「猫の手も借りたい」時に助っ人としてプロダクションに呼び出され、主役の前座を務めて去っていく。
 新人アイドルがデビューする時には「研修」としてライブバトルのやられ役となり、アイドルに自信をつけさせ、しばらくの間業界の先輩として芸能界のノウハウを教える。発展的なレッスンの相手をした後は、わずかな報酬を受け取ってプロダクションを去り、またどこかから声が掛かるのを待ちながら、野良ライブを続ける。
 飼い主なんていない、野良猫のようなアイドル。
 今のプロデューサーに拾われるまで、みくはそんな生活を送っていた。


4: ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:55:30.35 ID:d89W1gDH0
 プロデューサーに出会って、みくの人生は大きく変わった。
 CDデビューもすることができたし、お芝居の仕事もするようになった。
 トップアイドル……と名乗るには越えなければいけない壁はまだいくつかあるが、それなりに名の知れたアイドルにはなっていた。
 忙しい日々は続いていたが、かわいい衣装を着て、ファンや関係者からかわいいと言われるのは嬉しかった。充実した毎日を送れている、とみくは思う。
 めぐるましい、嵐のように過ぎていく日々。
 つらいこともあったけれど、一人じゃないあたたかさのおかげで、ここまで来れた。
 プロデューサー。みくにとっての、陽だまり。



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

野崎「来週から体育の授業がテニスになった」2018/06/21 02:02
穂乃果「中途半端な朝」2018/06/20 23:00
花陽「ことりちゃんをお姉ちゃんって呼んじゃった」2018/06/20 22:00
私たち兄弟は元々親がおらず養護施設で育ちました。「お前憶えてねえんか?『あんちゃん、俺、しあわせになりて…2018/06/20 21:33
μ's LINE劇場22018/06/20 21:00
運動部「上級生に暴行されたことを誇らしげに自慢」社畜「上司にサビ残強要されたことを誇らしげに自慢」2018/06/20 20:33
千歌「曜ちゃんと結婚するのだ」2018/06/20 20:00
付け合せの人参のグラッセなど簡単なものは私が作っていた。「この人参のグラッセを作ってる人はどなた?」と聞…2018/06/20 19:33
善子「ハナマル・センセイション」2018/06/20 19:00