真壁瑞希「Cut. Cut. Cut.」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519298512/

1: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:21:52.89 ID:9a+VV6a70
彼の手が好きだ。

私を撫でる彼の手が好きだ。

彼に触れられると、
じんじん、暖かくなって、
ぴりぴり、電気が走るようで、
きりきり、切なくなってしまう。

それを我慢しきれずに、身を強張らせてしまうと
彼は、ばつが悪そうに手を離してしまうのだ。

……もっと、撫でてください。

そう思って、
すりすり、彼に身を寄せてみても、
この気持ちが伝わったことはない。

たった一言お願いするだけで済む話なのかもしれないけど、
それくらい、わかってほしい。

伝わらないのは、単に、彼が鈍いからなのか、
それとも。





2: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:23:29.31 ID:9a+VV6a70


 ●


 ●


 ●


朝早くから劇場に連れられてきた私は、事務室のソファーで、彼が仕事をしているのをぼーっと眺めていた。

最近の彼は忙しい。夜も寝る直前まで、パソコンに向かって作業をしている。
どうせにらめっこするなら、パソコンより、もっと楽しい相手がいるんじゃないですか。ここですよ。ここ。

「プロデューサー、おなかがすきました」

しかし、私は、考えていたのと違うことを言う。

反応はない。

もともと、人に気付いてもらうのが少し苦手なのである。
別にそれで困ったことはない。
……なかったのである。

「プロデューサー」

もう一度呼びかけてみる。

「んー?」

生返事が返ってきた。
一歩前進。やったぞ。

「あの、お忙しいでしょうか?」

彼は手を止めて、首を傾ける。

「……ああ、おなかがすいたのかな」

「正解です。ぴんぽん」

彼は私をしばらく見つめた後で、デスクの引き出しを開ける。しばらくの間、何かを探していた。


3: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:24:29.32 ID:9a+VV6a70
「何もないなぁ」

彼は時計を見る。

「すまないが、もう少しだけ、待っててくれ」

右手で「待て」の仕草を見せて、彼は再び、仕事に戻ってしまった。

私は犬じゃありませんよ?

そう言ってやりたいのを抑えて、彼が見ていないところで、伏せのポーズをしてみた。
よし、犬もいけるぞ。

「……この書類だけは今日中に出せって言われててなー」

彼は、モニタから目を離さずに言う。

「この企画が通れば、お前ももう少し劇場に馴染めると思うんだ。だからな……」

どうやら、今日は機嫌が良いようである。
彼の仕事の内容は、実は、よくわからない。
それでも今の言葉が、私のことを思ってのものだということは、なんとなく伝わってくる。

そう、
話していることの意味が伝わらなくても、伝わるものがある。

そんな微かな、あたたかいものを、
最近の私はとても大切にするようになった。




続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

高森藍子「凛ちゃんが冷蔵庫に隠しているチョコ、卯月ちゃんは気になりませんかっ?」2018/09/24 16:00
みく「イメージチェンジ?」2018/09/24 15:00
【デレマスSS】乃々「部屋からPさんと着衣の乱れた美優さんが出てきたんですけど」2018/09/24 14:00
糖尿病で入院していた祖父が急に帰ってきた。特に何もせず病院を抜け出してきた祖父を怒鳴る私の顔を見てニコニ…2018/09/24 13:33
【悲報】変態セブン、もう潰れる2018/09/24 13:23
【モバマス】晶葉「助手に抱っこされてみたい……!」2018/09/24 13:00
大臣「貴様のような者が姫様に釣り合う訳がなかろう!」2018/09/24 12:00
広島マジック「1」!本日カープ勝利またはヤクルト敗戦または共に引分けのいずれかで広島カープの優勝決定!2018/09/24 11:11
巫女「口裂け女と花子さん」2018/09/24 11:00