真壁瑞希「Cut. Cut. Cut.」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519298512/

1: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:21:52.89 ID:9a+VV6a70
彼の手が好きだ。

私を撫でる彼の手が好きだ。

彼に触れられると、
じんじん、暖かくなって、
ぴりぴり、電気が走るようで、
きりきり、切なくなってしまう。

それを我慢しきれずに、身を強張らせてしまうと
彼は、ばつが悪そうに手を離してしまうのだ。

……もっと、撫でてください。

そう思って、
すりすり、彼に身を寄せてみても、
この気持ちが伝わったことはない。

たった一言お願いするだけで済む話なのかもしれないけど、
それくらい、わかってほしい。

伝わらないのは、単に、彼が鈍いからなのか、
それとも。





2: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:23:29.31 ID:9a+VV6a70


 ●


 ●


 ●


朝早くから劇場に連れられてきた私は、事務室のソファーで、彼が仕事をしているのをぼーっと眺めていた。

最近の彼は忙しい。夜も寝る直前まで、パソコンに向かって作業をしている。
どうせにらめっこするなら、パソコンより、もっと楽しい相手がいるんじゃないですか。ここですよ。ここ。

「プロデューサー、おなかがすきました」

しかし、私は、考えていたのと違うことを言う。

反応はない。

もともと、人に気付いてもらうのが少し苦手なのである。
別にそれで困ったことはない。
……なかったのである。

「プロデューサー」

もう一度呼びかけてみる。

「んー?」

生返事が返ってきた。
一歩前進。やったぞ。

「あの、お忙しいでしょうか?」

彼は手を止めて、首を傾ける。

「……ああ、おなかがすいたのかな」

「正解です。ぴんぽん」

彼は私をしばらく見つめた後で、デスクの引き出しを開ける。しばらくの間、何かを探していた。


3: ◆zOmEgane2k 2018/02/22(木) 20:24:29.32 ID:9a+VV6a70
「何もないなぁ」

彼は時計を見る。

「すまないが、もう少しだけ、待っててくれ」

右手で「待て」の仕草を見せて、彼は再び、仕事に戻ってしまった。

私は犬じゃありませんよ?

そう言ってやりたいのを抑えて、彼が見ていないところで、伏せのポーズをしてみた。
よし、犬もいけるぞ。

「……この書類だけは今日中に出せって言われててなー」

彼は、モニタから目を離さずに言う。

「この企画が通れば、お前ももう少し劇場に馴染めると思うんだ。だからな……」

どうやら、今日は機嫌が良いようである。
彼の仕事の内容は、実は、よくわからない。
それでも今の言葉が、私のことを思ってのものだということは、なんとなく伝わってくる。

そう、
話していることの意味が伝わらなくても、伝わるものがある。

そんな微かな、あたたかいものを、
最近の私はとても大切にするようになった。




続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

穂乃果「中途半端な朝」2018/06/20 23:00
花陽「ことりちゃんをお姉ちゃんって呼んじゃった」2018/06/20 22:00
私たち兄弟は元々親がおらず養護施設で育ちました。「お前憶えてねえんか?『あんちゃん、俺、しあわせになりて…2018/06/20 21:33
μ's LINE劇場22018/06/20 21:00
運動部「上級生に暴行されたことを誇らしげに自慢」社畜「上司にサビ残強要されたことを誇らしげに自慢」2018/06/20 20:33
千歌「曜ちゃんと結婚するのだ」2018/06/20 20:00
付け合せの人参のグラッセなど簡単なものは私が作っていた。「この人参のグラッセを作ってる人はどなた?」と聞…2018/06/20 19:33
善子「ハナマル・センセイション」2018/06/20 19:00
85年、阪神21年ぶりの優勝直後、とある熱狂的な阪神ファンがこの世を去った2018/06/20 18:33