勇者「精を吸う蛭」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1478335084/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/05(土) 17:38:04 ID:/nMajHwA
女戦士「…勇者、そこはぬかるみになってる。気をつけろ」ガサガサ

勇者「うん、わかった。僧侶も気をつけてね」

僧侶「はい、勇者様」

魔法使い「あっ、ちょっと僧侶!泥がこっちに飛んできたじゃない!服についたらどうすんのよ!」

僧侶「ご、ごめんなさいっ!」

勇者「まぁまぁ、魔法使い。僧侶も悪気があったわけじゃないんだから」

女戦士「そうだぞ。それにこの沼地を抜ける頃には、その服もどうせ泥まみれになってる」

魔法使い「むぅ…ねぇ勇者、本当にこんな場所を突っ切らなくちゃいけないの?」

勇者「うん。地図で確認するとこの付近はほとんど毒沼で、とてもじゃないけど通れそうにないからね。ここを越えないと次の村にたどり着けないよ」

魔法使い「はぁ…最悪」

僧侶「が、頑張りましょうね、魔法使いさん」

魔法使い「わかってるわよ!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/05(土) 17:38:53 ID:/nMajHwA
勇者「…ところで女戦士。さっきからずっと先頭を任せてるけど大丈夫?そろそろ僕が交代するよ?」

女戦士「ああ、大丈夫だ。今のところ魔物との戦闘もないし、まだ余裕がある」

勇者「そっか…ごめんね。こういうとき、本当なら男の僕がパーティーの先頭に立ってみんなを引っ張っていかなくちゃいけないのに… 」

女戦士「気にするな。こういう道なき道を突き進むのは、勇者より戦士の私の方が向いている」

勇者「でも…」

女戦士「それに、勇者が後ろにいてくれるから私は安心して前に集中できるんだぞ?」

勇者「え?」

女戦士「私たちに比べて体力の少ない後ろ二人の事を常に気遣い、揉め事が起きそうなときはフォローに入る。さらに私が警戒できない後方の注意も怠らず、的確な指示をとばしてくれる。だから私は前だけ見ていればいい 」

勇者「そんな…買いかぶりだよ」

女戦士「そうかな?少なくとも私は…勇者が後ろにいてくれなければ、ここまでの道のりはもっと厳しいものになっていたと思うがな」

勇者「…ありがと、女戦士。ちょっと自信が出てきたよ」

女戦士「そうか、それは何より」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/05(土) 17:40:04 ID:/nMajHwA
勇者「だけど無理はしないでね、辛くなったらいつでも交代するから」

女戦士「ああ。そのときは遠慮なくそうさせてもらおう」

僧侶「きゃあ!」

勇者「僧侶っ?!大丈夫?」

僧侶「だ…大丈夫です…。ぬかるみが思ったより深くて、足を取られちゃいました」ズブズブ

魔法使い「ちょっと…もう。ビックリさせないでよ」

女戦士「ふむ…怪我もしてないようだな」

僧侶「お騒がせしました…よいしょっ…え?ん~、ん~っ…あれ?」

魔法使い「なにやってんのよ」

僧侶「な、なんだか足が抜けなくて…」ズブブ…



続きを読む

新着画像

注目記事

元カノ(32)が隣の部屋に引っ越してきた
性格がクソ悪い事務(後輩)に軽く説教したんやけどNew!

新着記事

性格がクソ悪い事務(後輩)に軽く説教したんやけど2018/09/20 01:04
苗木「絶望裁き?」2018/09/20 01:00
津田タカトシ「起きたら隣に裸の森さんが寝ていた」2018/09/20 00:09
かすみ「あれあれ?どうしちゃったんですかぁ?そんな顔して、何か嫌なことでも有りましたぁ?」2018/09/19 23:00
旧広島市民球場跡地とかいう場所2018/09/19 22:30
かすみ「璃奈ちゃん何してるんですかぁ?」璃奈「手紙書いてるの」2018/09/19 22:00
親孝行って「よし!やろう!」と思ってするもんじゃないんだよな。ふと思い出したときに「ああ、あんな孝行でき…2018/09/19 21:33
元カノ(32)が隣の部屋に引っ越してきた2018/09/19 21:01
絵里「花陽が誘拐されてしまった」2018/09/19 21:00