ヒロインの最期

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511173912/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/20(月) 19:31:52.90 ID:dPfg/dp20


「皆は、もう行ったのかしら……」

「ああ……」


ここはもう僕と彼女の二人だけだ。
もうすぐ、彼女の長き旅路は終わる。
僕と歩んだ冒険の終わり。





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/20(月) 19:33:07.91 ID:dPfg/dp20


「別に、二人きりじゃなくても良かったのだけれど?」

「ああ……」


これが最後の会話になるのに、いつもと変わらない返事を僕は返す。
思えば、彼女との会話はほとんどこれだけだった気がする。
もう何十年と付き添って来たのに、あれだけ多くのことを成して来たのに。


「二人きりなったところで、今更話すことなんてないのにね」

「ああ……」


本当は、もっと多くの言葉を交わしたいと……思っていたはずなんだが。
どうにも上手く喋ることが出来ない。

いつも通りと言えば、いつも通りなのだが、
……まだ元気な僕が喋らないで、彼女にばかり喋らせるなどと言うのは気が引ける。


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/20(月) 19:34:07.69 ID:dPfg/dp20


「貴方はいっつもそればかり。肯定か否定かしかしないんだから……」

「ああ……」

「何が勇者よ。貴方は戦うことはしたけれど、連れて行ったのは私達じゃない」

「ああ……」

「まぁ、選んできたのは紛れも無く貴方だけれど。
……どうしてこんなのと一緒になっちゃったのかしら……」


……はて、どうしてだっただろうか。
正直、最後まで彼女と一緒に居たのは、成り行き上仕方のないことだった気がする。
僕達は勇者などと祭り上げられ、しかし最後には腫れ物のような扱いだった。


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/20(月) 19:35:39.29 ID:dPfg/dp20


それもそのはずだ。
かつて魔王などと呼ばれていた者を倒し、数々の強敵を打ち倒した。
世界の為に、平和の為に、僕達はそれぞれの想いを胸に戦い抜いた。

でも、残っていたのはそれを成した「力」という名の恐怖だけだったのだから。
……僕だけの力ではなかったけれど。

仲間がいた。
いなくなった者と、仲間ではなくなった……決別した友もいた。
多くの悲しみと苦しみ、怒りや憎しみに振り回されて来た気もする。
全ては遠い過去の話だが、それは今でも僕と彼女の中で生き続けている。


「これで、良かったのかしらね……」

「ああ……」



続きを読む

新着画像

注目記事

ワイ、会社のみんなに手がキモチワルイと言われるNew!
希「エリチカポンコツ疑惑裁判」New!
ことり「眠れないの?」海未「ことりのせいです」
来シーズンHR第1号wwwwwww
広島ファンって丸がFAしないと信じて疑わないよなNew!
私さえ我慢すれば…New!
誓いNew!
玉藻御前New!

新着記事

ロシア人女性2017/12/16 23:00
偏差値の高い学校ほど校則がゆるい2017/12/16 23:00
松居一代スレ2017/12/16 23:00
玉藻御前2017/12/16 23:00
誓い2017/12/16 23:00
私さえ我慢すれば…2017/12/16 23:00
希「エリチカポンコツ疑惑裁判」2017/12/16 22:52
海未「病ん病んことり」2017/12/16 22:00
広島ファンって丸がFAしないと信じて疑わないよな2017/12/16 22:00