杏子「ほむら…」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338553676/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:27:56.44 ID:LNeLVplH0


そう呟く杏子の周りには静寂の時が流れていた。
口に出した名前の人物もそこにはおらず、浮かぶのは彼女の顔だけ。
真夜中の公園などそんなものだ、ましてや先ほど魔女を狩ったばかりである。
人がいる方が迷惑だ。

杏子「まどかの願いで…」

杏子「あたしも過去のループの記憶を共有できてるのか」

そう、鹿目まどかは前回のループにてほむらと近い立ち位置であった杏子にほむらを
託したのだった。
まどかは何故自分にだけ記憶を継がせたのだろうと杏子は疑問に思うが、自分の在り
方を肯定してくれたほむらの為に動けるならそれも良い。
杏子なりの結論は出たようだ。

杏子「あたしに記憶が戻ったってことは、ほむらももう病院か」

杏子「ほむらの転校前に会っておきたいな」

杏子は意を決したように立ち上がり公園を後にする。
更なる静寂を残して。



的なのおなしゃす!


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:37:13.50 ID:LNeLVplH0


杏子「そういやどこの病院なのか聞いてなかった…」

しかし、杏子には心当たりが一つ。
巴マミの最後の場所。美樹さやかの愛した少年、上条恭介の入院先。

杏子「とりあえず見滝原に行ってみるか」

マミと会う事になるかもしれない。
そんな事も考えるが、さほど心配はしていないようだった。
何せマミは甘いのだ。
杏子が元気なところを見せれば、それだけで満足するかもしれない。

杏子「ほむらの気持ちがちょっと分かったかもな…」

しかし杏子の足取りは軽く。
友に再び会えることに歓喜していた。



的なのおなしゃす!



続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

嫁とのLINEが犬と会話してるみたいになってるw2018/07/22 17:33
【モバマス】ペロ「いいよ。話そっか」2018/07/22 17:00
【公示/広島】野間を抹消・守備中に左足首付近を痛める 本日先発の高橋昂也を一軍登録2018/07/22 16:45
【デレマス】血塗られた道に免罪などありません2018/07/22 16:00
2018夏ドラマ感想まとめ一覧2018/07/22 15:03
大石泉「事務所のみなさんと、サーバーの話題で盛り上がった」2018/07/22 15:00
【悲報】 下痢症ワイ、30年目にして驚愕の事実を知る・・・・・・2018/07/22 14:12
藤居朋「あ、ハシゴだ」モバP「あれはキャタツだよ」2018/07/22 14:00
広島美間優槻とソフトバンク曽根海成が交換トレード2018/07/22 14:00