おばあちゃんは虎のぬいぐるみを大切にしていた。でも、俺はそれを初めてみた。ということは、俺たちが、見舞いにあまり行かなくなったあたりから、寂しくなって買ったんじゃないのか

続きを読む
はてなブックマークに追加
811: 大人の名無しさん 03/01/20 20:35 ID:+NBmCprR
小学校低学年の時に両親が離婚して、父方に引き取られたおいらにとって、
おばあちゃんは母親みたいな存在だった。掃除、洗濯、それに弁当づくり。
おいらを心の底から可愛がってくれた。

大学には浪人して入ったけど、ちょっとグレていたオレは、高校生ぐらいの
頃から、ちゃんとおばあちゃんに接することができなくなってきた。少し辛く
当たったこともあった。高血圧が持病のおばあちゃんは、その頃ぐらいから入
退院を繰り返すようになり、就職する頃には、老人医療施設に入りっぱなしに
なっていた。

親戚の政治家にお願いして、一応、立派な施設には入れてもらっていたが、
そういった場所は長居が出来ず、施設を転々とわたり、だんだん場所も遠くな
っていった。オヤジたちと一緒に見舞いに行くのはイヤだったから、ひとりで
行って、しばらく話して、最後にひたいに手をあてて、帰るのが、いつもの見
舞いのやり方だった。

でも、しまいには1年に一遍ぐらいしか行けなくなり、最後の施設は行けず
仕舞いで終わってしまった。

就職して2年目の冬の日曜日、その日は映画でも見に出かけようとしたら、
家から電話があって、おばあちゃんが危篤だという。急いで、そこに行こうと
したら、今度は亡くなった、という知らせがあった。

オヤジと再婚相手と3人でクルマで出かけた。地元の斎場になきがらを移す
ためだ。2時間ぐらい走って、着いた山奥の施設は、奇麗にはしてあったが、
やや寂しい印象を受けた。
(続く)
続きを読む

新着画像

注目記事

新着記事

軍師「全部読んでました」2018/06/22 10:03
伊織「私の血液がオレンジジュースになって、世界中から狙われてる」2018/06/22 09:19
しあわせの行き先【ミリマス】2018/06/22 08:39
双海亜美「あまとう半端ないって!」2018/06/22 08:10
虐待を繰り返した里親の人生をぶち壊してやった2018/06/22 08:05
【悲報】ケイスケホンダさん、最近どうも人相がおかしい2018/06/22 07:00
八幡「ファミレスにてテンションMAXで女の子のかわいさを語る」2018/06/22 05:00
陽乃「比企谷君が好きなものを教えてよ」2018/06/22 04:00
マスター「お店のメニューを増やしたいと思うんだがね」ガヴリール「はぁ…」2018/06/22 03:18