【咲-saki-】シロ「君が教えてくれた青空を」

続きを読む
はてなブックマークに追加
転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502556930/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/13(日) 01:55:31.00 ID:58bg+DvZ0
酒の勢いで書いた短編。
家業等様々捏造あります。
あと、地の文多いです。

それでもよろしければ





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/13(日) 01:56:24.28 ID:58bg+DvZ0
絵筆が手に馴染んできたのはいつ頃だったか。

水彩画、なんてそれこそ学校の授業でしかやったことがなかった私が、いつの間にか画材まで揃えている。
休みの日の、一人の時間の大半をキャンバスを載せたイーゼルの前で、なんて想像もしていなかった。


「………っと、そろそろ時間か」


時計の針を見て、筆をおく。
画材を洗ってひとまず片付けて、あちこちについた絵の具を落とすのにシャワー。
丁度いい時間だ。


ダルダル星人だのなんだの言われてる私だけど、流石にこういう時くらいは遅刻は避けたい。
いざとなれば塞におぶさっていけばいいけど………まあ、そこは。
それに、絵の具付けたまま出たりしないあたり少しは成長してるはず、だ。


「………………ま、完成品見せられるのは、次かな」


製作途中の、一枚の絵。

その絵を―――今まで何枚も描いてきた絵を、描こうと思わせてくれた、あの少女。
金髪碧眼、天真爛漫、いつでもスケッチブックを持ち歩いていた、あの【友達】。

彼女は今――――どうしているのだろうか。
少しずつ上達して、でもまだ拙い日本語の手紙を何度やりとしりしても気になる、彼女の今。
他のみんなですらも遠く感じるというのに、『四年』という時間もあって果てしなく厚いその壁。


「ニュージーランドも、今の時期は暑いのかな………」


エプロンを脱いで画材を片付けつつ、外を見れば―――蝉の鳴き声と、ひたすらに青い、空。



「今日も、暑いよね………ダル」


小瀬川白望。
本年度を以って、22歳。

あの時代――――高校最後の夏に共に過ごした一人の青い目の少女を。

今でも忘れることができず、筆を取り、絵を描き続ける――――そんな、『女性』になっていた。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/13(日) 01:58:02.91 ID:58bg+DvZ0
塞「おひさ、シロ。今日は遅れず来たじゃん」


蝉の声が空間を埋め尽くすような中で、彼女は待っていた。
赤サビだらけのバス停の小屋、その中のベンチに座る、いつもより少し、オシャレをした彼女。


シロ「………ん。ちょっと、遅れるかもとは思ったけど」

塞「この前は酷いことになったからね………なんで捜索隊出さなきゃいけないのか」


痛いところを突かれた。
確か前回は、描きかけの絵を仕上げることに夢中になりすぎて、胡桃と塞が部屋に突撃してきたんだった。
まあ、今回は少し余裕もあったし………結果オーライだとは思う。


塞「胡桃はもう出たから、もう少しで集合場所につくってさ。豊音はバスで移動中だって」

シロ「じゃあ、今から歩けば丁度いいかな………」

塞「だね。バス待ってる方が逆に遅くなるよ」


田舎の宿命というか………うん。



続きを読む

新着画像

注目記事

車間これでもかと詰めてくるマンの正体wwwwwww
4(右)鈴木誠也 四球 四球 四球 四球 四球New!

新着記事

サターニャ「ククク…これでガヴも私に頭が上がらなくなるわ」2017/08/17 08:00
ヒカル続報来たぞwwwwwwwwwwwwwww2017/08/17 07:00
ヴィーネ「ねぇ、あんた……」 ガヴ「ん?」2017/08/17 07:00
4(右)鈴木誠也 四球 四球 四球 四球 四球2017/08/17 07:00
あずさ「春香ちゃん、ちょっと良いかしら~」2017/08/17 06:00
絵理「雄ヤギから……母乳?」2017/08/17 05:00
【安価】真美「はるちは?」雪歩「気づいたの、はるちはは、>>3だって」2017/08/17 04:00
P「今の765プロに足りないのは『修行パート』だ!」伊織「は?」2017/08/17 03:00
【韓国】異様!ソウル市内走る“慰安婦バス” 専門家「韓国は世界が見えなくなっている」「国全体が『偶像偏愛依…2017/08/17 02:37